カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別エントリー

 

蔵元造り情報の最近のブログ記事

酒林(さかばやし)

2009年1月22日

みなさん、こんにちは (^o^)/

みちのく湯沢は、今年は天候に恵まれ雪も少なく

春がもうすぐそこまで近づいているように感じます。

  

さて、蔵元では...軒先に、

杉の葉で作った真新しい緑色の酒林(=杉玉)が吊るされました。

酒林(さかばやし)...球状に造られたことから『杉玉』と言うようになったようです。

 

青々とした真新しい杉玉が吊るされると、新酒が出来た目印となり、

これが茶色になる頃には熟成されたお酒の発売をお知らせすることになります。

  杉玉4.jpg     

 

 

こちらは、新しい杉に交換する前の杉玉です。

球状の金網に杉の葉を挿していき、ハサミで

丸い形に整えます (^v^)

 

 

大きな段ボール箱、3箱に杉の葉を採集。

仕事の合間を使い、約8日間かけて造られます!

 

 

 

杉玉2.jpg

 

 

 

 

ハサミで綺麗にカットされ、だんだんと

丸い形に... (^_^)v

         → → →

 

 

 

杉玉1.jpg

 

 

 

 

酒蔵のシンボル!

大・小... 杉玉が出来上がりました (*^^)v

玄関の軒先や、酒蔵の中に吊るされます。

  

これが茶色になる頃には

お酒も熟成され旨味が増し

おいしい美酒らんまんに仕上がります。     <S>

 

 

 

 

 

麹室(こうじむろ)

2008年12月30日

今年もあとわずかとなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?美酒爛漫では吟醸の麹造りに精を出しているところです。 

 

ちょっと覗いてみました... 

 

tokomomi0.jpg

 

麹室(こうじむろ)に入れられた蒸米は、種麹を散布したあと堆積して布で包み、寝かせます。

 

 

 

 10時間後、蒸米をくずしてかたまりをほぐします。

これを「切返し」と呼び、蒸米の品温、水分調整をします。

作業は写真のように、先ず漆が塗られた切返し棒で蒸米のかたまりを大きく分けます。

 

tokomomi3.jpg

 

tokomomi2.jpg

 

続いて手作業によって蒸米をバラバラにしますが、品温が下がるのを防ぐ為、ふたたび堆積して布で保温し、麹菌の増殖を待ちます。

 

 

以後、麹管理には様々な操作がありますが、何れも品温と水分調整を行う目的で、最適な操作で麹室の室温や湿度を調整します。 

"1に麹"と言われる様に、酒造りの良し悪しは麹が背負っていることをつくづく教えられますね (^_^;) 

  

ここでらんまん川柳...

「積雪で 日本酒きわまる 美酒らんまん♪」

いかがでしょうか?

 

皆様からの、素敵な☆彡 らんまん川柳、投稿お待ちしています。 

それでは皆様、よいお年をお迎えくださいね。 (^_^)/~   ( R )

 

 

 

 

こんにちは!(^^)!

みちのく湯沢は、今の時期にしては雪も少なく、

朝晩の除雪作業に追われずに、ほっとしています(*^_^*)

クリスマス頃から年末にかけて、雪が降ってくるかな...

 

12月は、日本酒の需要が一番高い時期なのでは?

酒樽もこの時期一番多く出荷されるようです。

 

IMG_9704.JPG

 

写真は、

手前が18L、奥が36Lの酒樽です。

 

出荷前日に樽の中に熱湯を入れ樽の中を殺菌します。

同時に漏れがないかどうかを確認します<(_ _)>

 

 

 

 

                  

 

             こちらは、樽の荷造り作業です。↓↓↓

IMG_9711.JPG

 

 

 

一般的に「菰(こも)かぶり」などと呼ばれています。

  

 

 

 

 

 

 

  

仕上がりはこうなります。

     ↓↓↓

樽の上部が綺麗に縄で編まれています。

まさに職人技ですね<^!^>

IMG_9713.JPG

     

 

 

毎日寒さが厳しい中、スタッフ一同お歳暮の発送や、包装作業を頑張っています(*^^)v

 

お世話になったあの方へ... らんまんのギフトセット

お届けいたします(^_^)/

                               

              <s>

 

 

 

 

無濾過袋取り...

2008年12月 6日

寒くなってきましたねぇ(*_*)

雪が降ってくると、普段とは寒さがグ~ンと

違いますね!

 

さて、酒蔵の中も忙しくなってきました!(^^)!

 

袋取吟醸2.jpg

 

 

 

 

 

地元産「秋田酒こまち」を

100%使用した吟醸のモロミを木綿袋に入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

袋取吟醸5.jpg

 

吊り下げた木綿袋...

この袋から垂れ落ちる雫を取り出し、その上澄みだけを壜に詰めます!

 

 

 

圧搾機は使わない、昔から伝わる「袋取り」です。

 

袋取吟醸1.jpg

 

 

袋から自然に落ちる雫が集まり、次々とタンクから流れ出てきます!(^^)!

 

 

 

 

 

 

とても華やかでいい香り! (^u^)  無濾過吟醸袋取り.jpg

来週壜詰め予定です(^^♪   

 

 

皆様にも、新鮮で華やかな香味の...

(むろかぎんじょうふくろどり)

『無濾過吟醸袋取り』

ぜひ、ご賞味いただきたいです。

 

発売まで、もう少しお待ちください<(_ _)>     

                      <S>

無濾過吟醸袋取り.jpg

無濾過吟醸袋取り.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

東北清酒鑑評会

2008年11月27日

いよいよ清酒が似合う時期になりましたね。

酒造りも本番です。

さて、去る11月14日、東北清酒鑑評会の酒造研究会 (出品酒の一般公開) が行われました。

我社爛漫は、吟醸の部で「優等賞」を受賞した吟醸酒を出品しました。

CIMG0619.JPGCIMG0616.JPG

今年度は、全国新酒鑑評会での「金賞」

秋田県清酒品評会での「秋田県知事賞」に続き、

東北清酒鑑評会での「優等賞」受賞です。

これで、今年度 (平成20年春までに製造した清酒) の品評会、鑑評会は終了です。

次年度の酒造りは既に始まっていますが、今年度に劣らないよう精進し、誰からも 「うまい!」 「おいしい!」といわれる様な酒造りに力を入れ、頑張っています。

寒さも厳しくなってきました。

是非!是非!年越し、正月etc.に

爛漫 【金賞受賞酒】 

皆さんで味わってみてはいかがでしょう !!! (*^。^*) 

                                   < R >

H20金賞720.jpg

 

 

仕込み作業

2008年11月12日

こんにちは !(^^)! 

御嶽(ミタケ)蔵はいよいよ忙しくなってきましたよ~。

 

今回はその御嶽蔵の中をちょっと覗いてみました。

5階にある麹室(コウジムロ)です。

酒母(シュボ)へ変身中(?)の麹(コウジ)は 食べてみると、

噛めば噛むほど甘くて...、

ワタ飴のような菌糸がくっついているのが分かりますか?

スゴイですね (゜o゜) 

                          ↓↓↓        

麹アップ.jpg

                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 出麹 室.jpg

 

 

 

麹室の中は30度以上 ... 

真夏です(汗)

  

 

 もろみたんく1.jpg

 

 

 

仕込みタンクです。

 

1つの仕込みタンクには、

  一升壜で換算して

10,000本の量を仕込むことが出来ます。

しぼりたてふなば.jpg

 

醪(モロミ)が出来上がると、

次は圧搾機でお酒を搾るんですね~ 

 

  

 

 

日本酒の誕生です!!!

 

しぼりたて1.jpg

 

これが本当のしぼりたてです。

味はピチピチとはじけた荒い感じです!! 若いと言うんでしょうか...

しぼりたてならではの風味を是非ご賞味ください (^o^)/~~~  

 

そろそろお歳暮の時期がやってきました。

今年は是非爛漫の贈答酒を!!!

 

いろいろ取り揃えております (^_-)-☆  <R>  こちらから

 

 

 

 

 

タンク洗浄中!

2008年11月 7日

寒くなってきました。

そろそろ白いものが、ちらつき始めそうです...

 

さて、酒藏では、タンクの洗浄作業を行っています。

 

タンク洗浄1.jpg

  

右の写真は『250石タンク』で、45,600ℓ入ります。

一升壜に換算して25,000本分です。

高さは約6メートル!深いですね~ (゜o゜)

 

            

           はしごを掛けて下に降りて行きます。

 

 

タンク洗浄2.jpg

 

 

 

 

 

こちらは、タンクの外側を洗浄しています。

来週からは本醸造酒の原酒を貯蔵します。

 

 

 

  

 

 

 

タンク(緑色)中央に一箇所、四角く切り取ったような跡が...

なぜ?...           ↓↓↓↓↓↓↓

 

タンク洗浄3.jpg

 

大きなタンクの内側を補修する為に穴を開け、

この穴からタンクの中に入り、修理が終わるとその穴を塞ぎます。

穴を開けて、下のほうから入って行くんですね (゜゜) 納得!

 

それで、このような跡が残っているんです。 

 

 

   

季節限定商品

本醸造新酒しぼりたて

淡にごり本醸造ふなばしり≫ 

11月17日発売です!

今年の新酒を、是非一度ご賞味ください(*^_^*)    <s>

 

 

 

「にごり酒」ファンの皆様、お待たせしました!

先週は最後の仕込み状況をお知らせしましたが、

今回は壜詰め作業をご報告いたします。 !(^^)! 

 

にごり壜詰4.jpg

 

本年度、最初のにごり酒の充填作業。

ラインに乗って流れて行きます...

 

壜詰め作業無事完了! (^^ゞ

  

と、言うわけで... 

早速"きき酒"してみました(^^♪

 

   

 

 

にごり壜詰試飲.jpg

今年のにごり酒は、爽やかな口当りの中にもとろりとまろやかな風味が生きています。 (^v^)

 

おいしい!と、社内でもなかなかの評判です ♫

 

 

ぜひ皆様も、おいしい「にごり酒」を味わってみてください。 (*^^)v                  

                                                                                                                  <s> 

 

 

 

 

 

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。