カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別エントリー

 

美酒爛漫からのおしらせの最近のブログ記事

今年も、角館の「桜まつり」が、4月20日より開催されています!

  

土手③.jpg 

桧内川堤のソメイヨシノも満開になり、

堤防沿いの「桜まつり」会場も花見客で賑わっていました。

 

土手④.jpg 

4月20日~22日の3日間、

武家屋敷に程近い地酒処「君ちゃん」の店先で、

恒例の『美酒爛漫 試飲即売会』を行いました。

  

角館試飲会 陳列①.jpg
桜を観に来られた沢山のお客様に、

美酒爛漫お薦めの「純米大吟醸 唐獅子」や「香り爛漫」シリーズなど、

いろいろな商品を試飲していただきました。

 

お買い上げ頂いた皆様、有難うございました。  

 

武家屋敷通りの枝垂桜も満開で、

まさに春爛漫!美酒爛漫!

 

伝承館通り②.jpg伝承館通り④.jpg

 ◎角館の「桜まつり」は、5月5日(木)まで開催されます。

 

[ 関連タグ] :

 

早いもので、新年を迎えてから、1か月が過ぎました。 

2月の美酒爛漫は、『らんまんラジオ寄席 公開録音 (仙台市、秋田市)』や、『酒蔵開放』など、イベントが盛りだくさんです。

 

2月13日(土)14日(日)は、みちのく湯沢の伝統行事『犬っこまつり』。

この期間に開催予定の『美酒爛漫 酒蔵開放』に先駆け、リポート担当の、地元ラジオ局≪FMゆうとぴあ≫でパーソナリティをつとめる佐藤みなみさんと、matcu(まっちゅ)のスタッフの皆さんが取材に来られました。

「matchu」は、《地元の観光スポットや、お祭り情報、おいしいお店や便利情報》など、地元に密着した情報をわかりやすく優しく伝えてくれるフリーペーパーです。 

 IMG_7202.JPGのサムネイル画像

 

今回の取材では、普段の見学コースでは案内しない『精米所』も、ご覧いただきました。

爛漫では、製造しているお酒の精米は自社で行います。

精米機の大きさと性能に、みなみさんもびっくりしていました。 

  

まっちゅ取材 4.jpg

「削ったお米は、どうなるのですか?」という質問に、

実際の米ぬかを見てもらいながら説明しました。 

  

まっちゅ取材 6.jpg

白粉4.jpg

白糠は...おせんべい屋さんなどに行きます。 

    

中粉.jpg

中糠は...おせんべい屋さんのほかに、家畜(牛)の飼料などにも使われます。 

    

赤粉 .jpg

赤糠は...爛漫では赤糠からGABA(ギャバ)を造ります。GABAは自律神経を抑える働きがあり、リラックス効果があるとも言われています。

GABAが入った爛漫製品『たっぷりぶどうGABAリキュール』も人気の商品です。

また、赤糠は畑や果樹、田んぼの肥料にも使われています。 

  

こうして、削られた米ぬかも捨てることなく、使われています。

普段は聞くことのできない話に、みなみさんも興味津々で、聞き入っていました。

まっちゅ取材 3.jpg

 

つぎは、『御嶽蔵(みたけぐら)』をご案内。

爛漫の蔵見学では、お酒を造る工程がわかりやすいように、5階から順に降りながら見学して行きます。 

  

まずは、お酒を造る原料となる酒米を蒸す工程を案内しました。

取材とあって、普段は近くでは見ることのできない蒸米(じょうまい)の工程を体験していただきました。 

  

まっちゅ取材 8.jpg

まっちゅ取材 9.jpg

 

写真で見るのと違い、実際に蒸米の香りをかぎ、櫂入れの体験で重さやリズムを知ることは、今までにない体験だったのではないでしょうか。

続いて、仕込みタンクを管理している制御室を案内しました。ここでは温度管理や品質管理をしています。

温度管理は、杜氏(とうじ)や蔵人の目でも毎日管理しています。

上がりそうな時、下がりそうな時点を見極め、必要な時は、手動でも対応します。 

基本的にはコンピューターで管理していますが、必要に応じて、経験に基づいた職人の目も活用しています。 

  

まっちゅ取材 10.jpg 

 

最後に、醪(もろみ)タンク(= 仕込みタンク)を下から見てもらい大きさを実感してもらいました。

タンクの大きさと、本多杜氏から聞く発酵の仕組みに、みなみさんも驚きの様子でした。

  

まっちゅ取材 11.jpg 

酒造りの工程をすべて見学した後は、お楽しみの試飲です。 

  

まっちゅ取材 13.jpg 

いろいろ試飲してもらいましたが、特に気に入られたのが、『はじける林檎のスパークリングRingo』と『香り爛漫』でした。

ラベルが可愛いと写真を撮っていました。 

  

まっちゅ取材 14.jpg

IMG_7315.JPG

みなみさんは、『寒仕込みのお忙しい時に、案内して下さった爛漫の皆様ありがとうございました。とても楽しい体験ができました。』と、とても喜んで帰られました。 

   

私たちも、はつらつとした笑顔いっぱいの取材に、元気をもらいました。

matchuの皆さん、みなみさん、ありがとうございました。 

  

まっちゅ取材 17.jpg (藤原 里実 記)

 

  

   

【酒蔵開放 ご案内】

2月13日(土)、14日(日)の「犬っこまつり」期間に開催する、

『美酒爛漫 酒蔵開放』は、ご予約不要で酒蔵の中を見学していただけます。

きき酒クイズや仕込み(櫂入れ)体験、原酒や甘酒の試飲など、

お楽しみをたくさん用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

また、蔵の中は自由見学といたしますので、ご自分のペースでゆっくりとお楽しみいただけます。

ぜひ、お誘い合わせて『美酒爛漫 酒蔵開放』にお出かけください。 

  

2016酒蔵開放チラシ.jpg  

 

 

  

 

  

     

 

[ 関連タグ] :

 

平成27年11月6日(金)18:30~

ベルサール汐留 B1イベントホールにて

「秋田SAKEカフェ for 女子会」が開催されます!

 

秋田県の日本酒メーカー17社の美味しいお酒と、美味しい料理を味わいながら、

参加メーカー各社との交流が楽しめるイベントです。

ご来場の皆様全員に、「オリジナル純米酒」のプレゼントもあります!

是非、ご友人、ご同僚お誘い合わせてお出かけください。

 

  

秋田SAKEカフェ 女子会.jpg

 
 

★美酒爛漫では、

日本酒の最高峰と言われる大吟醸酒「純米大吟醸唐獅子」、「大吟醸牡丹」。

果実の様なフルーティな香りが特徴の

「香り爛漫」シリーズ~純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒~の3商品。

また女性に大人気の林檎の発泡酒「はじける林檎のスパークリングRingo」を出品いたします。


   

SAKEカフェ女子会.jpg


  

「秋田SAKEカフェ for 女子会」で、

美酒爛漫と、秋田県の食材を使った郷土料理やスイーツをご堪能下さい。

  

詳しくは 『 秋田SAKEカフェ 』 ホームページでご確認下さい。
http://akitasakecafe.com/  

 

[ 関連タグ] :

 

10月1日、美酒爛漫の新しい決算年度が始まりました。

気持ちも新たに、引き続き品質第一にこだわり、まじめな酒造りに取り組んでいきます。

皆様には、変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

 

さて、10月1日は「日本酒の日」です。

お酒に関係する漢字には『お酌、晩酌、酔う、醗酵、醸造』など、部首には【酉(とり)】が使われています。

【酉】は、酒壺をあらわす古代象形文字で「酒」を意味しています。そして【酉】は十二支の中の10番目で、【酉(とり)】の月は10月ということから、10月1日が「日本酒の日」になったといわれています。

また10月は、新米を収穫し、酒造りを始める月でもあり、昔から10月は「酒の月」とも呼ばれていたので、10月1日が、「日本酒の日」となったという説もあります。

 

今日は、全県一斉に『秋田の酒で乾杯!』イベントが行われます。

これは、「日本酒の日」である10月1日19時30分に、秋田県民が一斉に乾杯し、日本酒の美味しさ・素晴らしさを改めて県民の方々に知ってもらいたい、誇りに思ってもらいたいと、酒造組合が企画したものです。

 

皆さまも、居酒屋で気の合う仲間と一緒に、自宅の食卓で家族と一緒に...と、

『美酒爛漫』で乾杯してみてはいかがですか?

 

私も、今夜はゆっくりと好きな音楽でも聴きながら、ワイングラスで『香り爛漫』をいただくことにします...

 

香り 純米 新聞広告 .jpg

(里実 記) 

 

 

 

 

 

 

 

美酒爛漫の良質な酒粕を原料に、2002年(平成14年)に製造し、貯蔵熟成した本格焼酎「無疆爛漫」の商品在庫が残すところあと僅かとなりました。

 

皆様に愛され続けて13年、

2002年産の商品在庫が無くなり次第、2008年(平成20年)産の商品に今年の秋頃に切り替わる予定です。

 

当社の焼酎は単式蒸留器で製造しています。

単式蒸留器には【常圧蒸留器】と【減圧蒸留器】とがあります。

【常圧蒸留器】は地上と同じ1気圧で蒸留するので、約85℃~95℃で沸騰し、アルコールと一緒に色々な成分が留出するため、味の濃い焼酎になります。

一方、【減圧蒸留器】では内部の圧力を0.1気圧ほどにします。

すると約45℃~55℃で沸騰するようになり、アルコールと一緒に蒸発しやすい成分が留出するため、軽快な風味の焼酎になります。

 

当社では、飲みやすい『旨さ』を探求して【減圧蒸留器】で製造しています。

            減圧蒸留器.JPG 【減圧蒸留器】

 

2002年産の「無疆爛漫」の在庫が少なくなってきたので、次に発売する「無疆爛漫」の候補となる貯蔵中の多くの焼酎から、2008年産のものを選びました。

 

生まれたての荒々しい酒質の焼酎は、長期熟成によりまろやかで深い味わいに変わり、2008年製造の焼酎は、軽快な中にも豊かな風味を兼ね備えた焼酎に育ちました。

次の「無疆爛漫」として発売を待っています。

 

公的研究機関に香気成分と品質評価を依頼したところ、

2008年産は2002年産と比較して香気成分のカプロン酸エチル(果物の様な香り)の数値が高く、品質評価としては

香りが華やかで軽やかな印象がする』とのコメントをいただきました。

  

2002年産の「無疆爛漫」同様、引き続きご愛飲くださいますようお願い申し上げます。

 

  

2002→2008.jpg

封緘紙の2002が2008にかわります。

 

 無疆爛漫はネットショップでもお買い求めいただけます。

 

 

第5回
『ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015』に於いて、

過去最高のエントリー数(234蔵元564点)の中、

「アワードメイン部門」にエントリーした

美酒爛漫の純米吟醸酒 香り爛漫

2年連続〝金賞〟を受賞しました。

 


「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」

詳しくはこちらをご覧ください。

      ↓ ↓ ↓

http://www.finesakeawards.jp/2015/awards2015.html

 

 

     香り爛漫.jpg

 

受賞した、純米吟醸酒 香り爛漫」は、

地元秋田産の良質な酒米〝秋田酒こまち〟を100%使用、

秋田県醸造試験場が開発した、フルーティな香りを醸す

吟醸用酵母〝こまち酵母スペシャル〟で仕込みました。

香りも引き立つ、ワイングラスでお楽しみください

 

 〝純米吟醸酒 香り爛漫〟

  標準小売価格¥1,080 (消費税8%込)

   今ならこちらがお得です。

       ↓ ↓ ↓

 https://www.ranman.co.jp/ec/product/productdetail.php?productid=163302zou  

 

 

 (高山康幸/武石繭子 記)

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

2月4日(水)、

美酒爛漫の御嶽蔵2階にある、見学に来られた方々に

ご休憩いただいている『笑談室』で

秋田テレビ(AKT)で放送されている民謡番組

心の唄 古里の唄』の収録が行われました。

 

笑談室2013.2.jpg以前は、民謡といえばAKT『クボタ民謡お国めぐり』というほど、

誰もが知っているお馴染みの番組がありましたが、

『心の唄 古里の唄』は、その後番組です。

秋田テレビでは開局以来、民謡番組放送をずっと続けており、

民謡王国秋田の伝統継承と発展に貢献されています。

 

年4回の予定で収録、放送をしている今期のテーマは、

仲間との共同作業を円滑にしたり、作業能率をあげるために

歌い継がれてきた【作業唄】で、

1回目の春編・農作業唄編は、秋田県立博物館分館

『旧 奈良家住宅』で収録。

2回目は、全国的にも貴重な建造物として保存されている、

阿仁の『阿仁異人館』にて。

3回目は、秋編・収穫唄編で収穫の喜びを表現する唄を

全国的にもめずらしい『餅の館』で収録して、

好評のうちに放送を終えています。

 

そして4回目になる今期最後の収録は、冬編・酒屋唄編で、

美酒爛漫の『笑談室』で行われました。

 

当日は、朝9時からテレビ局のスタッフの方々が準備に入りました。

普段は見学に来られた方の休憩所である『笑談室』に、

収録用の音響機材や照明機材が沢山持ち込まれて、

あっという間にスタジオに早変わりです。

 

IMG_1930.jpgIMG_1928.jpg収録1時間前には出演の方々も合流し、

立ち位置や、音合わせのリハーサルが始まりました。

出演者もスタッフも、真剣そのものです。 

 

IMG_1933.jpg

IMG_1977.jpg

収録が始まると『笑談室』の中の空気が一転、

ピンと張りつめた感じです。

 

IMG_1937.jpg

IMG_1941.jpg秋田県は造り酒屋が多いので、

酒造りの【作業唄】がたくさんあります。

 

王堂正蔵さんは、

『湯沢酒屋櫂入れ唄』、『湯沢酒屋引櫂の唄』、

そして『秋田酒屋仕込み唄』の3曲を収録しました。

 

IMG_1971.jpg

髙橋一郎さんは、

『秋田米とぎ唄』と『秋田酒屋唄』を収録しました。

  IMG_1966.jpg

お二人で唄う、『秋田酒屋もとすり唄』も収録されました。

 

IMG_1976.jpg

生で聴く唄い手さんの声に圧倒されます。

尺八・三味線・太鼓の音、掛け声も相まって、

美酒爛漫の蔵の中から心地よい響きの民謡が流れて来ます。

爛漫の酒樽を背に唄う民謡を聴くのはとても贅沢な気分です。

 

『笑談室』の収録と同時に、酒蔵見学の収録も行われました。

AKTの夕方の番組を担当している八代アナウンサーが

御嶽蔵を見学するところを、収録しました。

 

番組の中で歌われる〝酒屋唄〟の作業現場を見学しました。

 

IMG_1955.jpg普段見る機会のない作業現場を見学出来たので、

とても喜ばれていました。

お酒を搾る作業場では、しぼりたてのお酒の

フレッシュな良い香りに感動されていました。

 

笑談室、御嶽蔵での収録も無事に終えることが出来て、

美酒爛漫にも、良い思い出が出来ました。

 

IMG_1962.jpg今回収録した【酒屋唄】は、〝民謡ファン〟の皆様はもとより、

美酒爛漫のふるさと湯沢で、二十数年続いていた

「酒屋唄競演会」が見られなくなって寂しく思われていた

〝酒屋唄ファン〟の皆様にもお薦めです。

迫力のある【酒屋唄】が酒蔵の雰囲気と共に楽しめますので、

是非ご覧ください。

放送は3月28日(土)午後4時からです。

 

美酒爛漫の酒蔵見学にお出でになったら、

収録場所の『笑談室』でお寛ぎ下さい。 

 

             ( 里 実 記 )

 

 

 爛漫蔵見学をご希望の方は、こちら

 

 ※みちのく湯沢の〝犬っこまつり〟初日の2月14日(土)は、

  美酒爛漫は≪酒蔵開放≫をして、ご予約なしで

  見学していただけます。

  楽しいイベントもご用意して、お待ちしておりますので、

  お誘い合わせてお越しください。

 

 

  

 

[ 関連タグ] :

 

美酒爛漫が提供するTBSラジオの長寿番組

らんまんラジオ寄席≫の公開録音が、

1月25日(日)に宮城県仙台市の

 『東京エレクトローンホール』 で行われました。

 

02.JPG毎年恒例の仙台での公開録音を楽しみにしている

お客様方が早くからお集まり下さったので、

開場の数時間前だというのに長い列が出来ました。  


IMG_1922.JPGのサムネイル画像 IMG_1934.JPG

 

 

 




早朝に、雪がちらついて心配しましたが、

午前中にはお陽さまが顔を出し、暖かくなってきたので

安心しました。                             


開演時間になると、

会場は1600名を超えるお客様で

立ち見の方が出るほどの大盛況でした。

  IMG_2011.JPG

 

今回の≪出演者≫

 

20150127141554101.jpg


生で見る名人芸に、会場のお客様も大満足で、

会場は笑顔と笑い声が絶えませんでした。


15.JPG

08.JPG

06.JPG公開録音終了後に、

爛漫商品が当たる『お楽み抽選会』をしました。


抽選会では、出演者の方々がお手伝いをしてくださったので、

またまた会場は盛り上がりました。


当選された方々、おめでとうございます。

 

10.JPG12.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

13.JPG

  

14.JPG

 

寒い中、開演前から会場に並んで下さったお客様、

遠くからお越しいただいたお客様、

いつも≪らんまんラジオ寄席≫を楽しみに、

ご来場頂きまして、ありがとうございます。


今年も無事に公開録音を終え、

お客様に笑顔でお帰りいただくことができました。


≪らんまんラジオ寄席≫の仙台での公開録音は、

来年も開催を予定しています。

楽しみにしていてくださいね。


         (里実 記)



★放送日★ 

 今回、公開録音した≪らんまんラジオ寄席≫は、

 TBSラジオをキーステーションに、

 東北放送、秋田放送、岩手放送で、

 下記日程で放送される予定です。


  日時: 2月  8日(日) 20:00~20:55  

      2月15日(日) 20:00~20:55




 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。