カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別エントリー

 

湯沢・周辺ローカル情報の最近のブログ記事

天候に恵まれた、5月2日(火)

美酒爛漫本社の近く「伊勢堂山」の神明社境内にある『松尾神社』で

今年も例祭を執り行いました。

松尾神社』は〝酒造りの神様〟と信仰されている、京都の『松尾大社』の分社にあたる神社です。

 

〝酒どころ 湯沢〟の何十年と続く神事に、湯沢市内の酒造会社が集まり、この1年間の酒造りの無事を感謝し、また良質な酒が出来るようにと祈願しました。 

 

IMG_2892.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

IMG_2884.JPG

花火の打ち上げを合図に例祭を始めました。 

IMG_2886.JPG

神官の祓詞奏上の後、祝詞奏上、玉串奉奠、粛々と神事は進みます。

 

昔ながらの白い正装を身にまとった祭主をはじめ

各酒蔵の代表が玉串を奉奠して、醸造の安全と繁栄を祈願しました。

IMG_2889.JPG【 祭主 玉串奉奠(たまぐしほうてん) 】

 

終了の花火の合図とともに、『松尾神社』の例祭は滞りなく閉式となりました。 

松尾神社2016. 7 .jpg

 

列席の蔵元の代表の方々は、また今年も良質な酒が出来るようにと祈り、御神酒を拝戴し、歓談のひとときを過ごしました。 

 

 

粛々とした気持ちで司会進行を務めさせていただき、

清々しい気持ちで、今年も良い酒ができることを祈念し、例祭を無事終えることができました。

 

美酒爛漫は、今年も品質第一、まじめな酒造りで、皆様に良質な酒をお届けいたします。

これからも「美酒爛漫」を、宜しくお願い致します。 (里実 記)

 

 

 

 

  

 

 

[ 関連タグ] :

 

4月25日
 
 みちのく湯沢もようやく春爛漫です !
 美酒爛漫本社の近くでは、前森公園の桜が満開です。
 

前森公園20017.4.25.3.jpg

前森公園20017.4.25.4.jpg
 暖かな陽気と、桜の花に誘われて、花見客が訪れました。

前森公園20017.4.25.2.jpg

前森公園20017.4.25.1.jpg
 ゴールデンウィーク中は好天の予報です。
 少しずつ散り始めましたが、お花見はまだ楽しめそうです。

 

[ 関連タグ] :

 

まるで春のように暖かな晴天の、3月19日

「湯沢市凧あげ大会」が開催されました。第60回を迎えるこの大会には、全国各地から凧愛好者の方々が集まり、自慢の技を競い合いました。

ゼッケンを付けた可愛らしい子供たちも「凧あげ」を楽しんでいました。

  

子凧あげ .jpg

凧あげ 子2.jpg

まなぐ凧あげ .jpg

 

墨一色で表現された〝まなぐ凧〟や、色鮮やかに描かれた武者絵凧が、空高くあがります。

〝まなぐ凧〟は、美酒爛漫の地元湯沢市の『文化財』に指定されています。

 

高くあがる凧.jpg

 

〝まなぐ凧〟は、たて骨1本に対して横骨3本、「枠骨なし」の長方形。

縦糸と横糸の交点に「つり糸」をつけるだけの単純な仕組みです。

単純だからこそ技術が必要とされます。 

糸の引き加減で、左右回転・大回転・急降下など、凧は変転自在に大空を泳ぎまわります。

多くの凧がバタバタと風を叩く音しか出さない中で、〝まなぐ凧〟は、回転させることや糸の引き加減で、高・低・強・弱・さまざまな音色を出しながら空高くあがっていきます。

 

競技の後は「表彰式」が行われました。

 

【 緊張しながら、発表を待つ選手の方々】

表彰式 前.jpg

【可愛らしい女の子も大喜び】

IMG_0235.jpg

今回、「第60回大会」ということで、参加された皆様には『美酒爛漫の"美酒カップ"・あきたこまち・稲庭うどん』の詰め合わせがお土産として手渡されました。

大会の常連さんも多く、美酒爛漫の「純米酒 まなぐ凧」ファンも沢山おられました。

 

〝まなぐ凧〟は、天にも昇るという意味で、

家運隆昌(龍昇)のお守りとして、新築祝いや、おめでたい席にも喜ばれています。

IMG_%204363-thumb-300x421[1].jpg

〝まなぐ凧〟の下に書かれているのは、右から読む≪春 風≫ の二文字。

長い冬を耐えて、待ち望んだ春に向け「春よ来い!」との願いが籠められた言葉。

みちのく湯沢にも、そこまで春がやって来ています。

ラベルに〝まなぐ凧〟の絵を配した、美酒爛漫『純米酒 まなぐ凧』は、

お米100%の旨味とほどよい酸味、バランスのとれた新鮮な香味が特徴です。

冷やでも、ぬる燗でも、美味しく召し上がれます。

まなぐ凧1.8 高解像度.jpgのサムネイル画像

秋田県 JAこまち【契約栽培米「あきたこまち」100%使用】

原料米の美味しさを十分に生かして造り上げました。

 

純米酒 まなぐ凧 1.8L×2本で

送料無料キャンペーン中!

消費税込価格 3,888

  

詳しくは こちらから

 

 

[ 関連タグ] :

 

2月11日(土)・12日(日)、みちのく湯沢市の伝統行事「犬っこまつり」が湯沢市役所の駐車場を会場として行われました。

 

犬っこまつり会場内の「美酒爛漫の犬っことお堂」は、主催者( 湯沢市物産協会 )が運び込んだ山間部のきれいな積雪を使って、延べ100人以上の爛漫の社員が9日間かけて制作しました。

犬っこ2017 1.jpg犬っこ2017.jpg犬っこ2017 2.jpg完成しました!

1爛漫お堂.jpgIMG_0797.JPGIMG_0799.JPG≪湯沢市議会議長賞・JR東日本秋田支社長賞をいただきました≫

 

前夜祭【犬っこまつり撮影会】

「爛漫のお堂と犬っこ」の前にお祭用の衣装を着たモデルの子供たちが並びました。

可愛い写真が撮れました。

爛漫お堂撮影会.jpg≪美酒爛漫のお堂の前で、撮影会≫

 

 

祭りの当日は、朝から来場した子供たちが、雪像にまたがって遊んでくれました。

記念写真を撮られる方々にも楽しんでいただきました。 

爛漫お堂.JPG

≪子供たちも大喜び≫

 

お堂近くで開いた【爛漫試飲販売会】では、たくさんのお客様に、呑みくらべをしながら、自分好みの酒を買って頂きました。 

2試飲会.JPG

 

中でも「はじける林檎のスパークリングRingo」・「犬っこまつりラベル(にごり酒)」が人気で、「おいしいね。旨口だね。」と喜んでいただきました。

スパークリンゴ .jpgのサムネイル画像≪ はじける林檎のスパークリングRingo 250ml ≫

犬っこ にごり酒.jpgのサムネイル画像≪ 犬っこまつりラベル(にごり酒) 720ml ≫

 

  

11日には、美酒爛漫「酒蔵開放」を催し、1300名以上のお客様に来ていただき、大盛況でした。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

酒蔵見学は随時行っており、皆様のお越しを

お待ちしています!

 

「酒蔵見学」のご予約は、コチラから

※電話・Eメールでもご予約いただけます。

電話 0183-73-3161 総務課まで。

Eメールアドレス ranman@ranman.co.jp

 

皆様のお越しをお待ちしております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

 

[ 関連タグ] :

 

雪の少ない正月元旦にホッとしていたら、

1月中旬は、暖冬から一転して雪が降り続き、

厳しい寒さが続いています。

 

雪国の一日の終わりは、あったか~いおでんと

お気に入りの「美酒爛漫」"美酒探求七〇一"の燗酒で晩酌です。

身体も心も温まります。 

 

701 おでん .jpg

 

「美酒爛漫」美酒探求七〇一はスッキリした飲み口で、

女性にもオススメです!

 

+++---------------------------------------------+++

「美酒爛漫」美酒探求七〇一は、こちらから

+++---------------------------------------------+++

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

10月16日

 湯沢市のお隣り、羽後町アルカディア公園に、白鳥が飛来していました。

 毎年この時季には、飛来する白鳥が稲刈り後の田んぼに餌を求めて

 舞い降りる姿を見かけます。
 

H28.10.16.白鳥.jpg
 
 同じく羽後町の田代地区では、稲刈りが終わった田んぼで、
 脱穀をしている人達や、はさ掛けの風景が見られました。

H28 脱穀.jpg羽後町 田代 はさ掛け.jpg↑ はさ掛け


 豊かな自然に恵まれた「みちのく湯沢」は、実り多き秋の真っ只中です。



 (撮影:阿部 文:砂保里)



 

[ 関連タグ] :

 

湯沢市の隣町、羽後町の伝統行事で国指定の重要無形民俗文化財でもある「西馬音内(にしもない)盆踊り」が8月16日から始まりました。

 

《日本三大盆踊り》の一つと言われ、毎年県内外から多くの人が見物に訪れます。

 

西馬音内盆踊り2016.1.jpg

西馬音内盆踊り2016.2.jpg

「西馬音内盆踊り」は、約700年前の《豊作祈願の踊り》と、西馬音内城主・小野寺氏を偲んで家臣が踊った《亡者踊り》が合わさって生まれたと言われています。

篝火に照らされた通りを、編笠や、亡者を連想させる彦三(ひこさ)頭巾で顔を隠し、色鮮やかな端縫い衣装や藍染めの浴衣を身にまとった踊り手が、しなやかに、優美に舞い踊る姿がとても幻想的です。

 

西馬音内盆踊り2016.3.jpg 

西馬音内盆踊り2016.4.jpg

西馬音内盆踊り2016.5.jpg

西馬音内盆踊り2016.6.jpg

 

 

路地裏では盆踊りの御囃子を聞きながら、送り火を焚く姿も見受けられました。

 

西馬音内盆踊り2016. 7.jpg

 

 

「西馬音内盆踊り 2016」

お祭りは、18日まで開催しています。

 

会場では、美酒爛漫のオリジナルラベル「純米大吟醸 西馬音内盆踊り720ml」を販売しています。

 

西馬音内盆踊り2016. 8.jpg 

菅原酒店

http://map.goo.ne.jp/place/5001699387/

柴田酒店 http://www.moesake.com/

鈴木酒店 http://map.goo.ne.jp/place/5001700605/

で好評発売中!

          

 

[ 関連タグ] :

 

今年も7月2日、3日の2日間、東北六県の流通限定酒をはじめとする、約50種類のお酒の飲み比べができる  

~ゆざわ醸造collection~「JOZOまにあくす」が開催されます。

 

今回の会場は交通の便も良い、JR奥羽線「湯沢駅」のすぐ目の前。

「お菓子のくらた」さんの隣の特設会場です。(カラオケボックス「ジジック」跡地といえば、地元の方には分かるでしょう。)

 

「JOZOまにあくす」では、湯沢の酒を中心とした県内各蔵元の酒、また入手困難な日本酒や地ビールを揃えています。

会場には、実力派バーテンダーが作るカクテルや、ハンドルキーパーの方のためにノンアルコールカクテルもご用意。

さらに秋田ならではの食材を使った、お酒に合う「おつまみ」や、味噌や醤油などの醗酵食品など、多数ご用意しています。

アルコールが苦手な方でも楽しめるイベントです。

  

どうぞ皆様お誘い合わせて、遊びにいらしてください。

  

料金は、2,500円 (前売り券は2,000円)です。

※チケットは、美酒爛漫でもお買い求めいただけます。

   

~昨年の様子~

 ↓完熟酒 らんまん

image5-thumb-300xauto-9826.jpg 湯沢飲みくらべセット 香り爛漫 純米吟醸

image6-thumb-300xauto-9827.jpg ↓《はじける林檎のスパークリングRingo カクテル

image2-thumb-autox533-9823.jpg

 

 

『秋田・湯沢 JOZOまにあくす 2016』

詳しくは、こちら ↓↓ 

JOZOまにあくす.pdf

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。