カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別エントリー

 

湯沢・周辺ローカル情報の最近のブログ記事

雪深い1月頃から早春の野菜として、秋田県内に出回り始める「ひろっこ」は、
1メートル以上の雪の下から掘り出される、「アサツキ」の若芽です。


こちらは、天然の「ひろっこ」 ↓↓

 

ひろっこ .jpg


雪解け後に、山から「ひろっこ」を獲って食べるのも、春の楽しみの一つです。

竹輪やハムを刻んだものと一緒に、酢味噌和えにして・・・

ひろっこ 1.jpg
晩酌は香り爛漫「純米吟醸酒」で、春の味覚を楽しみました。

ひろっこ 2.jpg

(撮影:阿部 文:砂保里)

 

 

   

 

[ 関連タグ] :

 

5月2日、今年も湯沢市の酒の神様『松尾神社』の例祭が執り行われました。

 

〝酒どころ 湯沢〟の何十年と続く神事に湯沢市内の酒造会社が集まり、この1年間の酒造りの無事を感謝し、また良質な酒が出来るようにと祈願しました。 

 

松尾神社2016.3 .jpg

『松尾神社』は京都で〝酒造りの神様〟と信仰されている『松尾大社』の分社にあたる神社で、美酒爛漫本社所在地のすぐ近く、「伊勢堂山」の神明社境内にあります。

 

花火の打ち上げを合図に例祭がはじまりました。

 

神官によるお祓い。

松尾神社2016. 4 .jpg

祝詞奏上、玉串奉奠、粛々と神事は進みます。

松尾神社2016.1 .jpg

 

昔ながらの白い正装を身にまとった祭主をはじめ、各酒蔵の代表が玉串を奉奠して、醸造の安全と繁栄を祈願しました。

 

松尾神社2016. 5 .jpg松尾神社2016.2 .jpg

終了の花火の合図とともに、『松尾神社』の例祭は滞りなく閉式となりました。

 

蔵元の代表が一堂に集まり、また今年も良質な酒が出来るようにと祈り、御神酒を拝戴し、歓談しました。 

 

松尾神社2016. 7 .jpg

 

 

今年も進行役を務めさせていただき、身の引き締まる思いと、清々しい気持ちで例祭の進行を終えることができました。

 

美酒爛漫は、今年も品質第一、まじめな酒造りで、皆様に良質な酒をお届けいたします。

これからも美酒爛漫を、宜しくお願い致します。   (里実 記)

 

 

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

美酒爛漫本社のある秋田県湯沢市にもようやく春が訪れました。

 

日中のあたたかい陽を浴びて『桜』も咲き始めました。

  

前森公園 桜2016. .jpg前森公園 桜2016. 3.jpg

陽あたりのよいところでは、まもなく満開になりそうです。

前森公園 桜2016. 4.jpg桜並木の散歩は、気持ちがよさそうです。

前森公園では、4月15日(金)~4月28日(木)まで 『 さくらまつり 』が 開催されています。

期間中は「ぼんぼりの点灯」や「ライトアップ」、

「絵どうろう展示 (土曜、日曜のみ)」をしています。

※開花の状況によっては、4月30日(土)まで延長することもあるそうです。

前森公園 桜2016. 2.jpg

お花見を兼ねて、 『美酒爛漫』 の酒蔵見学にいらしてください。

見学ポスター.jpg前森公園へは爛漫本社より歩いて10分ほどです。

前森公園の地図

 

[ 関連タグ] :

 

1月30日、湯沢市の隣り、羽後町では、昔ながらの嫁入りを
再現する「花嫁道中」が行われました。

花嫁道中2016.jpg

昨年結婚した、和装姿の新郎新婦を馬そりに乗せ、
雪の回廊をゆっくりと進みます。

花嫁道中2016.1.jpg

途中のかがり火広場では、多くの町民の祝福を受け、
幸せそうな新郎新婦でした。

花嫁道中2016.3.jpg

 

[ 関連タグ] :

 

美酒爛漫の地元、みちのく湯沢では、2月13日(土)、14日(日)の二日間、

毎年恒例、伝統行事の「犬っこまつり」が開催されます。 

  

2月2日、「犬っこまつり」メイン会場となる湯沢市役所駐車場で、

美酒爛漫の社員が『お堂』と『犬っこ』の雪像作りを始めました。 

    

犬っこ制作 2016.2.jpg

最初は、『お堂』の型枠を組み立てて、型枠の中に雪を積み込んで、踏み固める作業です。

犬っこ制作 2016.3.jpg

寒くて面白味のない地道な作業ですが、立派な雪像の完成を想像しながら

黙々と励んでいます。 

  

2016酒蔵開放チラシ.jpg

美酒爛漫では「犬っこまつり」(2月13-14日)の2日間、『酒蔵開放』をします。

ご予約無しで、見学頂けますので、お気軽にお出かけください。

楽しいイベントを用意して、社員一同、皆様のお越しをお待ちしております。 

  

なお、※無料巡回バスが、随時運行されますので、是非ご利用ください。

※停車場/山内家-木村酒造-湯沢商工会議所前-雄勝郡会議事堂記念館-秋田銘醸ー両関酒造 

 

[ 関連タグ] :

 

今年で17回目となる、美酒爛漫の 「街並美観賞」は、

街並みにきれいな花を飾って通りかかる街の人々の心を和ませ、

幸せな気持ちを与えて下さる方々を、

その優しい心に感謝を込めて表彰いたします。

 

今年も、「ありがとうございます」の気持ちを込めて、

次の方々を表彰しました。

 

【最優秀賞】には、伊藤エミ子さん。入賞は8回目です。

玄関前に並ぶ、鉢植えの花々が綺麗に咲き誇り、目を楽しませてくれます。

  

第17回最優秀賞、伊藤エミ子.jpg 
伊藤さんは20年ほど前から庭に花を植え始め、玄関前に鉢植えの花を飾るようになってから、18年位になるそうです。

旦那様は「山野草」が好きで、ご夫婦揃って花の手入れを楽しんでおられます。

玄関前だけではなく、家の周り全部に宿根草、多年草、山野草と、100種類以上あるのでは?と思えるほど、たくさんの季節の花々が植えられています。
 
伊藤さんが好きな花は、「ビオラ」や「ジニア」、「百日草」、「千日紅」で、黄色の「ビオラ」や、紅、オレンジ、黄色、白など色とりどりの「百日草」が綺麗に咲いていました。

気に入った花は秋に種を取り、翌春、その種から花を育てられるそうです。

散歩の途中に、「花を見せてください」と、声をかけて来られる方もいらっしゃるそうで、その時には庭も案内されるとのことでした。

朝は散った花びらを片付け、午後は枯れた花の手入れ、夕方は水やりと、家事をしながらも時間を作って手入れをしているとのこと。素敵な庭を見せていただき、納得しました。

街並美観賞受賞の感想を伺いました。
「花が好きで、自分で楽しんでいて、通りかかる人にも喜んでもらえるのが嬉しい。花は手をかければかけた分だけ期待に応えてくれるから・・・」と、たくさんの花の手入れも全然苦にならないし、楽しいことをして受賞できて嬉しいと喜ばれていました。
 


【優秀賞】 竹本康子さん (入賞5回目)

 

第17回優秀賞、竹本康子.jpg 
【 優秀賞 】 高橋美枝子さん (入賞5回目)

 

第17回優秀賞、高橋美枝子2.jpg
【 入賞 】 遠田ミサ子さん (入賞4回目)

 第17回入賞、遠田ミサ子.jpg
【 入賞 】 佐藤恵美子さん (入賞13回目)

 

第17回入賞、佐藤恵美子.jpg
【 入賞 】 大日向良子さん (入賞7回目)

 

第17回入賞、大日向良子.jpg

【入選】の方々。
 佐々木シゲ子さん   鈴木節子さん    高柳康子さん
 佐々木栄子さん    中島昭子さん    平山君子さん
 高橋友子さん     小野寺則子さん   佐藤軍治さん
 井上スエ子さん    高橋幸子さん    高橋正子さん
 高橋芳信さん     藤田順一さん    内藤幸夫さん
 菅原由美子さん


いつも街並を明るくしていただき、ありがとうございます。

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

天気に恵まれた、8月23日(日)

美酒爛漫の地元湯沢市では

300年以上続く伝統行事「大名行列」がおこなわれ、

昔ながらの衣装に身を包んだ大名と、

馬に乗った殿様が、盛大に市内を練り歩きました。 

大名行列2015.1.jpg

大名行列2015.2.jpg

 

 あどけないけれど凛々しい姿の殿様です。

大名行列2015.3.jpg


乗り心地が良かったのか、疲れたのか、

途中でウトウトと・・・。

大名行列2015.4.jpg


それでも必死に頑張る姿が愛らしかったです。

 

伝統行事の『大名行列』も終わり、

暑かった秋田の短い夏も終わりに近づいています。

 

[ 関連タグ] :

 

8月16日~18日の三日間、

美酒爛漫の地元湯沢市から10キロほど西に位置する羽後町で、日本三大盆踊りの一つ、『西馬音内(にしもない)盆踊り』が開催されました。

 

寄せ太鼓のお囃子が鳴り響く中、篝火がたかれた本町通りを踊り歩きます。

 

西馬音内盆踊り 2015.1.jpg

 

篝火の中で、あでやかな端縫いや藍染めの衣装をまとい、編み笠や彦三頭巾で顔を隠した踊り手たちが舞う姿が幻想的で魅了されます。

 

西馬音内盆踊り 2015.2.jpg

西馬音内盆踊り 2015.3.jpg

西馬音内盆踊り 2015.4.jpg

西馬音内盆踊り 2015.5.jpg

 

幼い子供達も参加して、踊りの輪が広がります。

こうして、何百年も続く伝統が受け継がれて行きます。

 

西馬音内盆踊り 2015. 7.jpg

西馬音内盆踊り 2015. 6.jpg

 

幻想的で優雅な、『西馬音内(にしもない)盆踊り』を見るために、今年も大勢の観客が訪れました。

 

 

  

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。