カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別エントリー

 

湯沢・周辺ローカル情報の最近のブログ記事

美酒爛漫の地元、みちのく湯沢では、2月13日(土)、14日(日)の二日間、

毎年恒例、伝統行事の「犬っこまつり」が開催されます。 

  

2月2日、「犬っこまつり」メイン会場となる湯沢市役所駐車場で、

美酒爛漫の社員が『お堂』と『犬っこ』の雪像作りを始めました。 

    

犬っこ制作 2016.2.jpg

最初は、『お堂』の型枠を組み立てて、型枠の中に雪を積み込んで、踏み固める作業です。

犬っこ制作 2016.3.jpg

寒くて面白味のない地道な作業ですが、立派な雪像の完成を想像しながら

黙々と励んでいます。 

  

2016酒蔵開放チラシ.jpg

美酒爛漫では「犬っこまつり」(2月13-14日)の2日間、『酒蔵開放』をします。

ご予約無しで、見学頂けますので、お気軽にお出かけください。

楽しいイベントを用意して、社員一同、皆様のお越しをお待ちしております。 

  

なお、※無料巡回バスが、随時運行されますので、是非ご利用ください。

※停車場/山内家-木村酒造-湯沢商工会議所前-雄勝郡会議事堂記念館-秋田銘醸ー両関酒造 

 

[ 関連タグ] :

 

今年で17回目となる、美酒爛漫の 「街並美観賞」は、

街並みにきれいな花を飾って通りかかる街の人々の心を和ませ、

幸せな気持ちを与えて下さる方々を、

その優しい心に感謝を込めて表彰いたします。

 

今年も、「ありがとうございます」の気持ちを込めて、

次の方々を表彰しました。

 

【最優秀賞】には、伊藤エミ子さん。入賞は8回目です。

玄関前に並ぶ、鉢植えの花々が綺麗に咲き誇り、目を楽しませてくれます。

  

第17回最優秀賞、伊藤エミ子.jpg 
伊藤さんは20年ほど前から庭に花を植え始め、玄関前に鉢植えの花を飾るようになってから、18年位になるそうです。

旦那様は「山野草」が好きで、ご夫婦揃って花の手入れを楽しんでおられます。

玄関前だけではなく、家の周り全部に宿根草、多年草、山野草と、100種類以上あるのでは?と思えるほど、たくさんの季節の花々が植えられています。
 
伊藤さんが好きな花は、「ビオラ」や「ジニア」、「百日草」、「千日紅」で、黄色の「ビオラ」や、紅、オレンジ、黄色、白など色とりどりの「百日草」が綺麗に咲いていました。

気に入った花は秋に種を取り、翌春、その種から花を育てられるそうです。

散歩の途中に、「花を見せてください」と、声をかけて来られる方もいらっしゃるそうで、その時には庭も案内されるとのことでした。

朝は散った花びらを片付け、午後は枯れた花の手入れ、夕方は水やりと、家事をしながらも時間を作って手入れをしているとのこと。素敵な庭を見せていただき、納得しました。

街並美観賞受賞の感想を伺いました。
「花が好きで、自分で楽しんでいて、通りかかる人にも喜んでもらえるのが嬉しい。花は手をかければかけた分だけ期待に応えてくれるから・・・」と、たくさんの花の手入れも全然苦にならないし、楽しいことをして受賞できて嬉しいと喜ばれていました。
 


【優秀賞】 竹本康子さん (入賞5回目)

 

第17回優秀賞、竹本康子.jpg 
【 優秀賞 】 高橋美枝子さん (入賞5回目)

 

第17回優秀賞、高橋美枝子2.jpg
【 入賞 】 遠田ミサ子さん (入賞4回目)

 第17回入賞、遠田ミサ子.jpg
【 入賞 】 佐藤恵美子さん (入賞13回目)

 

第17回入賞、佐藤恵美子.jpg
【 入賞 】 大日向良子さん (入賞7回目)

 

第17回入賞、大日向良子.jpg

【入選】の方々。
 佐々木シゲ子さん   鈴木節子さん    高柳康子さん
 佐々木栄子さん    中島昭子さん    平山君子さん
 高橋友子さん     小野寺則子さん   佐藤軍治さん
 井上スエ子さん    高橋幸子さん    高橋正子さん
 高橋芳信さん     藤田順一さん    内藤幸夫さん
 菅原由美子さん


いつも街並を明るくしていただき、ありがとうございます。

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

天気に恵まれた、8月23日(日)

美酒爛漫の地元湯沢市では

300年以上続く伝統行事「大名行列」がおこなわれ、

昔ながらの衣装に身を包んだ大名と、

馬に乗った殿様が、盛大に市内を練り歩きました。 

大名行列2015.1.jpg

大名行列2015.2.jpg

 

 あどけないけれど凛々しい姿の殿様です。

大名行列2015.3.jpg


乗り心地が良かったのか、疲れたのか、

途中でウトウトと・・・。

大名行列2015.4.jpg


それでも必死に頑張る姿が愛らしかったです。

 

伝統行事の『大名行列』も終わり、

暑かった秋田の短い夏も終わりに近づいています。

 

[ 関連タグ] :

 

8月16日~18日の三日間、

美酒爛漫の地元湯沢市から10キロほど西に位置する羽後町で、日本三大盆踊りの一つ、『西馬音内(にしもない)盆踊り』が開催されました。

 

寄せ太鼓のお囃子が鳴り響く中、篝火がたかれた本町通りを踊り歩きます。

 

西馬音内盆踊り 2015.1.jpg

 

篝火の中で、あでやかな端縫いや藍染めの衣装をまとい、編み笠や彦三頭巾で顔を隠した踊り手たちが舞う姿が幻想的で魅了されます。

 

西馬音内盆踊り 2015.2.jpg

西馬音内盆踊り 2015.3.jpg

西馬音内盆踊り 2015.4.jpg

西馬音内盆踊り 2015.5.jpg

 

幼い子供達も参加して、踊りの輪が広がります。

こうして、何百年も続く伝統が受け継がれて行きます。

 

西馬音内盆踊り 2015. 7.jpg

西馬音内盆踊り 2015. 6.jpg

 

幻想的で優雅な、『西馬音内(にしもない)盆踊り』を見るために、今年も大勢の観客が訪れました。

 

 

  

 

[ 関連タグ] :

 

8月5日~7日の3日間、毎年恒例の「湯沢七夕まつり」です。

 

美酒爛漫ではこの3日間、2会場で試飲即売会を実施しています。

本日は最終日です。

ぜひ『爛漫 試飲即売会』にお立ち寄りください。

 

七夕試飲会2015.1.jpg

試飲会場①

 サンロード(湯沢駅通り) 小川忠太郎商店 店頭にて 

 16時~21時まで

キンキンに冷えた〝スパークリングRingo〟が人気です。

 

 

七夕試飲会2015.2.jpg試飲会場②

 ジーグブルガー通り 山田一平酒店 店頭にて

 16時~21時まで

〝純米吟醸 香り爛漫〟が好評です。

 

七夕試飲会2015.3.jpg以前、爛漫の酒蔵見学にお越しくださったイケメンのこの方!

試飲会場にも立ち寄ってくださいました。

ありがとうございます。

 

 

 

イベントも盛りだくさんです。

 

七夕試飲会2015.4.jpg           佐竹南家、京都奥様、七夕御閲覧

 

七夕試飲会2015.6.jpg          可愛いらしい小野小町

  

七夕試飲会2015.5.jpg            よさこい踊り

 

七夕マラソン2015.jpg           七夕健康マラソン ( 弊社社員も力走!)

 

 

いよいよ最終日、七夕まつりにお越しの際は、

試飲会場にぜひ寄ってくださいね!

七夕まつり限定酒もご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

美酒爛漫の酒蔵見学は、随時受け付けています。


ご予約は、コチラから

  電話・Eメールでもご予約いただけます。

    電話 0183-73-3161 総務課まで。

    Eメールアドレス ranman@ranman.co.jp

 

[ 関連タグ] :

 

湯沢市では地元消費の拡大と地域経済の活性化を図るため、

6月19日に「こまち商品券」を発売しました。

 

発行総額は6億円。

1セット 12,000円 分の商品券を 10,000円 で販売

1セットで、2,000円 もお得な「プレミアム商品券」です。

 

1人20セット(20万円)まで購入可能で、

販売場所の湯沢商工会議所前は、

商品券を買い求める人たちで長蛇の列が出来ました。

 

IMG_9690.jpg湯沢市 商品券.jpg

 

「こまち商品券」は、大好評で完売したそうです。

 


 (撮影:阿部 文:砂保里)

 

[ 関連タグ] :

 

6月17日 自然栽培米の田植えから26日間経過。

 

「農薬を使わない自然栽培米作り」の田んぼでは、

毎週、除草作業をしています。

 

除草作業2015.6.17.1.jpg

今年は、除草作業に〝頼もしい助っ人〟が登場しました!
草刈り機の刃を除草用に交換した『新兵器』です。

 

除草作業2015.6.17.2.jpg自然栽培米の田んぼは、一般栽培の田んぼに比べ、

稲と稲の間隔を少し広くしてあります。

除草機が入りやすいようにするためです。

その稲と稲の間に『新兵器』を入れ、回転させながら、

雑草を刈取り、土の中に埋めていきます。

 

除草作業2015.6.17.3.jpg機械を使わず、手作業での除草もしています。

除草には大変な労力が必要です。

 

除草作業2015.6.17.4.jpg

下の写真は、自然栽培米「コシヒカリ」の田んぼ(右)と、

酒米「秋田酒こまち」の田んぼ(左)です。

自然栽培米の田んぼは、苗の間隔が広いので、田んぼ全体の緑色が薄く感じます。

 

除草作業2015.6.17.5.jpg

自然栽培米作りは秋まで、何度も人力で除草作業を続けます。

安全で安心して食べられるお米を作るためです。

 

   
                 (砂保里 記)

 

 

[ 関連タグ] :

 

6月2日

田植えから11日目です。

『自然栽培米』の田んぼにはもうこんなに雑草が生えています。

除草剤を使う一般栽培米の田んぼではあまり見かけない光景です。

 

「自然栽培米作り」に欠かせない〝雑草との戦い〟の始まりです。

 

除草 4.jpg

 早速、除草作業に取り掛かりました。

 

除草1.jpg

除草2.jpg

除草 3.jpg

除草作業は、草を取り除くだけではなく、他の効果もあります。

稲のまわりの泥を掘りおこして、

稲の根に空気を与えるので、稲が活性化します。

 

食べる人に安全な米作りの為には、とても良い事だとわかっていても、田んぼすべての雑草を人の力で取り除くには、大変な労力が必要ですし、疲れるし...

正直なところみんなやりたがりませんよね。

なので、ほとんどの田んぼでは除草剤を使っています。(一般栽培)

 

 

除草6.jpg

自然栽培米作りは秋まで、何度も人力で除草作業を続けます。

安全で安心して食べられるお米を作るためです。

 

                        ( 繭子 記 )

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。