カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別エントリー

 

湯沢・周辺ローカル情報の最近のブログ記事

みちのくでは秋も深まり、冬の気配が近付いています。

 

武家屋敷と桜の名所として有名な

秋田県仙北市角館町の「平福記念美術館」では

「川端龍子(かわばたりゅうし)展」 が開催されています。

 

角館町出身の日本画家、平福百穂(ひらふくひゃくすい)と

ゆかりの深い画家を紹介したいということで実現した展覧会です。

 

平福記念美術館  正面①.JPG

 

展示通路①.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

東北ではなかなか見る機会が少ない作品をはじめ、

直筆の絵葉書、遺愛品などもあり、出品数が豊富で、

「川端龍子」が存分に感じられます。

開催期間は11月23日(金)までですので、

機会があれば立ち寄ってみてはいかがですか?

 

詳しくはこちら(仙北市ホームページ)で・・・

 http://www.city.semboku.akita.jp/

 

 

 

美酒爛漫では、川端龍子の描いた「唐獅子」「牡丹」の

原画を所有しており、

 その〝力強さ〟と〝華やかさ〟を象徴する「唐獅子」と「牡丹」

ラベルに使用した

「純米大吟醸 唐獅子」「大吟醸 牡丹」の2商品は、

昭和58年発売のロングセラー商品です。

 

 

唐獅子 牡丹 .jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

香り豊かな

純米大吟醸唐獅子 720ml

大吟醸牡丹 720ml

の格別な味わいを、お楽しみください!

 

ご贈答用に大吟醸唐獅子・牡丹セットも好評です!

 

DJ-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 
 
 
 
 

 

[ 関連タグ] :

 

10月19日、東京は昨晩の雨も朝には上がって、晴天に恵まれた縁日日和です。

 

美酒爛漫 東京出張所のすぐ近くにある宝田恵比寿神社では、恒例の〝べったら市〟が始まりました。

 

べったら市.jpg

      ↑↑↑ 賑わう参道

 

樽と神輿.jpg

 ↑↑↑ 神社の正面に飾られた爛漫の樽と、出番を待つ神輿

 

 

参道にはたくさんの露店が並び、賑やかです。

昼前頃から少しずつ人出が増えてきました。

お昼を過ぎると「焼きそば」や「お好み焼き」などの露店には、ランチにしようと近隣の会社の社員さんたちがたくさん並びました。

 

べったら露店.jpg

 

〝べったら市〟ですから、露店のメインは『べったら漬』

ほんのり甘い、大根の麹漬けです。

今年は、大根が小ぶりだったそうですが、試食をしたらとても美味しく漬かっていました。

 

今日の晩酌のお供は勿論 『べったら漬』です!

 

べったら漬2012.jpg 

今夜は生もと特醸を〝冷や〟でやろうか?

それとも、普通酒を〝お燗〟に?

 

いっそのこと両方飲みましょうか・・・

 

 

宝田恵比寿神社祭典〝べったら市〟は、

10月19日、10月20日の2日間。

明日も晴れの予報なので、人出もさらに増えることでしょう。

お隣、人形町の椙森神社でも〝べったら市〟開催中です。

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

美酒爛漫の地元湯沢市の隣の「羽後町」で

8月16日~18日の3日間

『西馬音内(にしもない)盆踊り』が開催されています。

 

 

女性の踊り手が着る衣裳は、

「端縫い(はぬい)」と呼ばれ、『西馬音内盆踊り』特有の衣装です。

 

西馬音内盆踊り2012.1.jpg「西馬音内盆踊り」は踊り手の指先まで神経が行き届いた、しなやかな手の動きが特徴で、優雅さに魅了されます。

 

 

重要無形民俗文化財に指定されており、  

子供の頃から踊りの輪の中に加わり、 やがて大人になって・・・と、

継承されています。

 

西馬音内盆踊り2012.5.jpg 西馬音内盆踊り2012.8.jpg

 

踊りの中に黒い覆面が見られますが、

「彦三(ひこさ)頭巾」と呼び、亡者を連想させるものです。

 

黒い覆面の踊り子が多く入っている情景は幻想的で、

夏祭りの夜は盛り上がります。

 

 

お祭りの後の暑い夜は、爛漫の冷酒で乾杯しましょう!

                ↓ ↓ ↓

                コチラ から。

 

[ 関連タグ] :

 

8月7日、秋田県湯沢市で毎年恒例で30回目の「七夕健康マラソン大会」が行われました。

 

平日にもかかわらず、 県内外から約900人 のランナーが参加しました。

 

七夕マラソン 1.jpg

 

1996年開催のアトランタオリンピックの女子マラソン代表選手だった、

鹿角市出身の浅利純子さんもゲストランナーとして参加しました。

 

七夕マラソン 浅利選手.jpg

 

「七夕飾り」で彩られた湯沢の街並みを走るコースです。

 

七夕マラソン 爛漫小松選手.jpg

               ↑   ↑   ↑   

毎年参加している、美酒爛漫 営業部の小松主任は、

5kmのコースを、20分30秒で走り、 前年 のタイムを40秒縮めました。

        

              

  

   

 

  美酒爛漫のおすすめ商品

   ★送料無料商品もあります!

      

   ↓ ↓ ↓

  詳しくは、コチラ から。

 

 

[ 関連タグ] :

 

 

湯沢の七夕絵灯ろうまつりが、昨日5日から開催されています。

 

七夕2012絵灯篭 浴衣1.jpg

真夏日で暑い日でしたが、陽が落ちた夕方7時頃からは大勢の人が繰り出して賑わい始めました。

絵灯ろうにも明かりが灯され、浮世絵美人がいっそう幻想的に見えます。

 

 

美酒爛漫では酒屋さんの店頭をお借りして、5日と6日の2日間試飲即売会を開いています。

湯沢駅前通りの小川忠太郎商店さんと、

ジークブルガー通りの山田一平酒店さんです。

 

七夕2012.山田酒店 試飲1.jpg 七夕2012. 小川酒店 試飲 .jpg

 

即売所に立ち止まり、キーンと冷えた生貯蔵酒を味わうお客さんは口々に

 「うまい!」

 「やっぱり爛漫だよね!」

 「愛飲してるよ。」

と...、そんな暖かい言葉をたくさんいただき、昨日の即売会は無事終了しました。

 

今日も、同じ場所で試飲即売会を開き、皆さまのお越しをお待ちしています。

 

是非、お気軽にお立ち寄りください!!

 

 

七夕の思い出にキーンと冷えた『七夕絵灯ろうラベル 生貯蔵酒』は只今ネットショップで特別販売中です。

 

tanabata_2012.jpg

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

"みちのく湯沢"『七夕絵灯ろうまつり』 が、

8月5日~7日の3日間 開催されます。

 

約300年の歴史を持つお祭りで、

江戸時代に、京都から秋田藩 佐竹家にお輿入れされた姫君が、

京への郷愁を五色の短冊に託して飾りつけたのが

始まりとされています。

 

浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろうが、

街並を艶やかに彩ります。

 

 

現在、絵灯ろうまつりの準備で忙しい時期です。

写真は、和紙に描いた美人画を木枠に貼り付けているところです。

      ↓ ↓ ↓

 

七夕 準備 3.jpg

 

8月5日、6日の2日間 

美酒爛漫試飲即売会 を行います!

 

試飲即売会では、通常販売商品のほかに、

≪七夕絵灯ろう≫をラベルにした商品もご用意して

皆様のお越しをお待ちしております。

 

tanabata_2012.jpg 

≪七夕絵灯ろう≫ラベルは、期間限定で

ネットショップでも販売しております。

↓ ↓ ↓

 詳しくは、コチラ から。

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

美酒爛漫のある湯沢市の隣町、横手市平鹿町の浅舞公園で

「あやめ祭り」が開催されています。 

 

入口.JPG

 

浅舞公園は「あやめ園」とも言われ、80種3万株が植えられていて、

今は約50万本のあやめが咲き誇っています

 

群生.JPG

 

群生、ピンク.JPG群生2.JPG

 

紫や白、黄色などあやめ独特の淡い色合いがとても魅力的です。

 

あやめ紫.JPG

しろ.JPG

 

浅舞公園は国内でも有数の「あやめ公園」で、県内外から沢山の観光客が訪れます。

今日は、よさこい踊りなど、いろいろなイベントも開催され、屋台も並び賑わっていました。 

 

よさこい1.JPG

出店2.JPG

 

テレビで紹介されて全国的に有名になった、秋田名物「ババヘラアイス」のお店もありました。

「ババヘラアイス」は、国道沿いや祭りなどのイベント会場で見られるアイス売りで、お婆さん(ババ)がヘラでアイスをすくってコーンに盛り付けることから「ババヘラアイス」と呼ばれるようになりました。

今日のババさんは盛り付けが上手で、ピンクと黄色の二色のアイスでバラを作ってくれました。

  ババヘラ1.JPG   

      ↓↓↓ バラの形に盛り付けられた「ババヘラアイス」

ババヘラ3.jpg

 

浅舞公園には日本庭園があり、鯉が泳ぐ池もあって、涼を取るには打って付けの公園で、あやめ祭りが終わっても多くの人が訪れます。 

 

日本庭園.JPG 

 

 

今日は暑かったので、晩酌は冷やした吟醸生貯で一杯やります。

 

吟生720.jpg 

 美酒爛漫 吟醸生貯蔵酒はネットショップでお求めいただけます。

 

[ 関連タグ] :

 

 

湯沢市の東部を流れる皆瀬川で、7月1日「アユ釣り」が解禁され、

この日を待ちかねた多くの太公望がアユ釣りを楽しみました。

 

早朝から続々と瀬に入り、長い釣りざおを操り

狙いを定めて「おとりアユ」を泳がせ、

じっと〝当たり〟を待つ姿があちこちで見られました。

 

DSC00229.JPG

今年は水温が低いため、アユの動きが鈍く釣果はいまひとつ。

 

釣り上げたのはやや小ぶりで、 いずれも体長15センチ前後、釣果は多い人でも15匹前後で、解禁日にしては物足りない感じです。

 

DSC00235.JPG       ↑↑↑ 釣り上げた アユ

 

釣った後の楽しみは、なんといっても〝アユの塩焼き〟です!

 

P1060295.JPG 

旬の味に、美酒爛漫 『吟醸冷涼』 が進みます。

 

P1060301.JPG

 

 

美酒爛漫のロングセラー商品

「吟醸冷涼」

贈り物にも大人気です!!

只今、送料無料でお届けしています。

 

 

冷涼爛漫720ml .jpg 『吟醸冷涼セット』キャンペーンは → → → こちらから

 

★1本でも送料無料キャンペーン中!!

 詳しくは → → → こちら から

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。