美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

copyright © 2014 AKITA MEIJYO. All Rights Reserved.

みちのく湯沢の風物

 

  秋の山菜 《ナラタケ》 通称 サワモタシ

 

 「キノコ」は食物繊維が豊富で、ベーターグルカンという成分が血圧、コレステロールを下げ、胃腸の調子も整えてくれる低カロリー食材です。

 

みちのく 風物 1.jpg ナラタケは地元湯沢では《サワモタシ》と呼ばれ、塩漬けして保存食としても重宝される、いろいろな料理と相性の良いキノコです。

 

 《サワモタシ》はその名の通り山の沢筋の、ブナ、ミズナラなどの広葉樹、アカマツなどの針葉樹の湿った倒木や、枯れた幹などに群生します。発生・収穫時期は十月上旬から中旬で、雨の多い年は豊作になります。

 

 先日、知り合いのキノコ採り名人から《サワモタシ》を頂戴しました。

 早速、「大根おろし和え」と「納豆汁」にして頂きました。

  

 「大根おろし和え」は天然キノコのシャキシャキ感と大根おろしのほのかな辛味が絶妙で「美酒爛漫 本醸造酒」の燗酒に良く合います。

 「納豆汁」には《サワモタシ》と春に収穫して保存しておいたワラビやゼンマイ、油揚げ、豆腐など、沢山の具を入れて、すり鉢ですった納豆を入れてひと煮立ちさせ、薬味にはセリを入れました。

 

 みちのく 風物 2.jpg   みちのく 風物 3.jpg

  

 具沢山の汁は、納豆の深い旨みと調和して、とても優しい味で「美酒爛漫生貯蔵酒」が引き立ちます。

 自然の恵みに感謝しながら、「美酒爛漫」と幸せな時間を過ごしました。

(伊藤 崇 記)

 

 

 

 

 

 

pagetop