美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別エントリー

美酒爛漫に、豪州大使一行が来訪

2010年06月30日

豪州(オーストラリア)のマレー・マクレーン大使ご一行5名が、

6月21日美酒爛漫本社に来訪されました。

同日午後の、秋田市の国際教養大学に於ける講演前の時間を

活用して、午前11時秋田空港から直接ご到着。

 

案内役の秋田県選出の京野きみこ衆院議員と共に、酒蔵を見学、

吟醸酒のテースティングも楽しまれました。

 

CRW_2241_800.jpg    ※酒蔵見学中のマレー・マクレーン大使と京野きみこ衆院議員

 

 

その後、正午から湯沢市市長も参加した昼食会では、

大使は、日本と豪州とのFTA(自由貿易協定)が両国にとって

有益であることを具体的に説明されました。 

 

大使会食1.jpg 

大使は、率直で親しみやすいお人柄で、打ち解けた雰囲気の

楽しい昼食会でした。

但し、通訳を務めた中村智子上席調査官さんは、ゆっくり食事が

出来ないで気の毒でした。

 

 

オーストラリア大使 湯沢市長.jpg             ※マレー・マクレーン大使と湯沢市市長

 

 

 

マレー・マクレーン大使がテースティング(試飲)された、

美酒爛漫の逸品 「大吟醸酒」の詳細は、コチラから…

 

 

 

 

 

「キセキレイの巣立ち」を「冷涼爛漫」で乾杯!

2010年06月30日

5月初め、家の車庫に「キセキレイ」が巣を作り、ある日突然ひとつずつ卵を産み始めました。

うずらの卵より一回り小さい大きさです。

 

巣は腰の高さくらいの低めの位置に作られていました。

一日1個、六日間で6個の卵が並びました。

P1010616.jpg

いつの間にか家の子供たちも、毎日観察するのが日課となりました。 

無事卵がかえってくれるようにと祈りながら。。。

P1010593.jpg親が卵を温めている場面にも何度か遭遇しました。

今年は寒かったから大丈夫かな?なんて心配しながら、そっと見守っていました。

P1010625.jpg

 

先日、無事に卵が孵って6羽の「ひな」となり、あっという間に巣立って行きました。。。。。

少し淋しい気持ちになりましたが、家族みんなで喜びました。 

 

 

ほっとしたところで、

  冷やした『吟醸 冷涼爛漫』をいただきました。

 

  澄んだ香りと切れの良い飲み口が、

     より一層幸せな気分にさせてくれました。

 

 

昭和8年(1933年)の新発売から77年を迎えた、

ロングセラー商品!!

美酒爛漫自慢の冷用酒「吟醸 冷涼爛漫」で、

ジメジメした蒸し暑い梅雨の時期を乗り越えましょう!!

 

只今、ネットショップで好評キャンペーン中です。

 

reiryo_syohin.jpg 

                                (留美子記)

 

 

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ