美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別エントリー

美酒爛漫 みたけ蔵屋上より     <<<鳥海山定点観測>>>

2011年02月28日

平成23年2月第5号




























鳥海山 写真23.2.28.jpg 





平成23年2月28日/気温5度/撮影時間15:50

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

美酒爛漫 みたけ蔵屋上より     <<<鳥海山定点観測>>>

2011年02月23日

平成23年2月第4号



























鳥海山写真 11.2.23.jpg 





平成23年2月23日/気温5度/撮影時間15:20

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

美酒爛漫 みたけ蔵屋上より     <<<鳥海山定点観測>>>

2011年02月22日

平成23年2月第3号


























鳥海山 写真23.2.22.jpg 





平成23年2月22日/気温4度/撮影時間13:15

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

美酒爛漫 みたけ蔵屋上より     <<<鳥海山定点観測>>>

2011年02月21日

平成23年2月第2号

























 





鳥海山 写真2011.2.21.jpg平成23年2月21日/気温-5度/撮影時間7:55

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

美酒爛漫の大吟醸造り~醪(もろみ)仕込み

2011年02月18日

 

酒造りは

  一、麹(こうじ)

  二、もと(酒母) 

  三、造り(もろみ)

が重要な要素であり、工程の順番を表わしています。

 

今日は、三番目の造り(もろみ)についてご案内致します。 

もろみ(醪)の仕込みは、三段仕込みと呼ばれ、

3回に分けて仕込みを行います。

 

 1日目は 初添(はつぞえ)

 2日目は 踊り(おどり)と呼ばれ、

       酵母の増殖をはかる為の中休みの日です。

 3日目は 仲添(なかぞえ)

 4日目は 留添(とめそえ)

と、段々と仕込みの量を多くしていき、

4日間かけて仕込みを行います。

 

 

今日は最初の工程、

 【初添の仕込み】です。

 

早朝、酒母と麹と仕込水を仕込タンクに入れます。

 仕込タンクの中.jpg

 

炊きあがった蒸米は、蔵人の手で掘り出され

計量の後に仕込蔵に運ばれます。

 蒸米計量.jpg

 

蒸米は、温度を下げる為、布の上に素早く広げます。

 

蒸米をさます.jpg

 

最適な温度まで冷まされた蒸米を、酒母と麹と仕込水が入った仕込タンクに入れて、酒母と麹と蒸米が、タンクの中で良く混ざり合うように櫂入れ(かいいれ)を行い、初添(はつぞえ)の仕込みを終えます。

 

櫂付.jpg

  ※櫂入れ(かいいれ)・・・櫂棒という道具で攪拌する作業です。

 

 

蒸米が、目標値より多く水分を吸収すると仕込温度は低くします。

逆に少ない水分だと高い温度で仕込みます。

今日は、低い温度で仕込みました。

 

仕込まれた醪(もろみ)は、毎日の品温管理と化学的分析による成分管理で、最高の美酒になるように大切に育てられます。

 分析.jpg

 

 

初添仕込みから33日後、

蔵の中に大吟醸酒特有のフルーティな香りが漂よいます。

醪(もろみ)の仕上がりです。

 

翌日の上槽(じょうそう)を待ちます。

  ※上槽(じょうそう)・・・清酒と酒粕に分ける操作です。

 

美酒爛漫の大吟醸酒は、全ての作業に惜しみなく時間と手間を掛けて造ります。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒 は

  杜氏と蔵人の和で醸しだされます。

 

                              杜氏 本多

 

 

 

 

 

美酒爛漫の”酒粕”で「ふっくら酒まんじゅう」を作りました。

2011年02月14日

2月に入り雪も落ち着きホッとしています。

連日の雪かきで、体もクタクタです。

疲れた時には甘いものが食べたくなります。

そこで”酒粕”を使って「酒まんじゅう」を作ることにしました。

酒粕まんじゅう 1.jpg

まんじゅうの皮を作る時に「美酒爛漫」の “お酒と酒粕” を混ぜました。

分量はお好みですが、私は15~16個分の皮の材料で薄力粉100g

お酒40㏄、酒粕(板粕)30g、砂糖100g、膨張剤3gを入れました。

≪作り方の手順≫

①板粕を細かく刻んで日本酒で溶き、そのなかに砂糖を入れて

  混ぜ合わせます。

②薄力粉のなかに①を入れて混ぜて、生地をつくります。

③あんこを生地で包み、蒸しあげて出来上がりです。

口に入れると、ほんのり酒の香りがする、ふっくら美味しい『酒まんじゅう』が出来上がりました。

お酒好きの甘党派には、お薦めです。

爛漫の酒粕を使ったポテトサラダも美味しいです。

2011年02月09日

定番のジャガイモ料理 『 ポテトサラダ 』 に酒粕を入れてみました。

(今回はじゃがいも中4~5個に対して、30g程の板粕を使いました)

板粕をこまかく刻んで、少量のお湯を加えレンジにかけます。

ペースト状ではなく、半分荒粒の粕が残る位でジャガイモに混ぜました。

まろやかな食感とチーズの様なコクがでて、旨味が増しました。

ジャガイモと色が似ているのと、スライスした玉ねぎの塩もみを入れたことで、酒粕はあまり気になりませんでした。

酒粕の風味をもう少し味わいたい方は、分量を増やしても良いかもしれません。

酒粕サラダ.jpg

作り方は簡単です!

ただし酒粕を入れるタイミングは、アツアツのうちに・・・です。

茹でたジャガイモと卵をつぶして味をつけ、具を入れる前が良いです。

色どりに、人参を入れても良いですね。

『 ポテトサラダ 』 に酒粕を加えると、マイルドな口当たりになりました。

さらに酒粕はアミノ酸、たんぱく質、食物繊維などの栄養素が豊富なので、美容と健康にもつながる定番料理 『 酒粕入りポテトサラダ 』 はオススメです。

板粕2kg .jpg

美酒爛漫の「酒粕」を使った料理レシピの紹介③

2011年02月07日

2月に入り立春も過ぎて、雪はだいぶ落ち着いてきました。

寒さは続きますが、春の訪れを感じます。

酒粕料理、3日目は『酒粕入りチーズ揚げ』をご紹介します。

【酒粕入りチーズ揚げ】

作り方:

 【酒粕】(お好みの量)を手でちぎり、とろけるチーズではさみます。

 次に市販のピザソースを塗って、餃子の皮で包みます。

 あとは油で揚げるだけ。

 超簡単!

酒粕餃子1.jpg

酒粕餃子2.jpg

お酒のおつまみにぴったりです。

チーズの種類を変えたり、ピザソースをケチャップに変えても

美味しくいただけます

美酒爛漫の「酒粕」を使った料理のレシピ紹介②

2011年02月05日

今日は、朝から雨雪(みぞれ)が降っています。

酒粕を使った料理、2日目は「酒粕シチュー」をご紹介します。

【酒粕シチュー】

作り方:

 いつもの通りにシチューを作ります。

 シチューのルーを入れる前に少し煮汁をとっておきます。

 その煮汁に【酒粕】を入れてレンジでペースト状にして、

 さらに少量の味噌をまぜ合わせます。

 仕上げに牛乳と細かくしたとろけるチーズを入れました。

 今回は、5皿分に対し、【酒粕】を大さじ3杯程入れてみました。

 ほんのり酒粕の味がしますが、ほとんど分かりませんでした。

  ※酒粕の好きな方はお好みで量を調節してみて下さい。

酒粕シチュー 1.jpg

         

美酒爛漫の「酒粕」を使った料理のレシピ紹介①

2011年02月04日

寒い日が続きます。

寒さに負けないように、身体を温める

美酒爛漫の酒粕 (板粕) を使った

料理を作りました。

家族に大好評だった、レシピを一日一品ずつ、

日間連続でご紹介します。

初日は、酒粕入りラーメンのご紹介です。

酒粕ラーメン】

作り方:

 市販の生ラーメン(みそ味)を用意します。

 フライパンで好みの野菜を炒めて、分量のお湯を入れます。

 煮立ったら味噌こし器を使って【酒粕】を溶かします。

  ※【酒粕】は30g入れましたがお好みの濃さに調節して下さい。

 スープの素(みそ味)を入れ、最後にみりんを少量たらします。

 ゆでた麺を器に入れたら、酒粕入りのスープをかけて軽く混ぜ、

 野菜をのせ、チャーシュー、コーン等を添えて出来上がりです。

酒粕ラーメン 1.jpg

酒粕ラーメン 2.jpgのサムネール画像

【酒粕】を入れると、こってりとしたコクが出て、とても

おいしいので、是非お試し下さい。

美酒爛漫の大吟醸造り~酒母(しゅぼ)造り

2011年02月02日

 

酒造りは、

 一、麹(こうじ)

 二、酛(もと)

 三、造り(もろみ)

が、重要な要素であり、工程の順番を表しています。

 

今日は、二番目の(もと)造りについてご案内いたします。

 

【水麹(みずこうじ)】

麹の酵素を仕込水に溶出させるための作業で、

仕込みタンクの前日取り置きした仕込水に、朝早く「麹」と「清酒酵母」を添加して、蒸米が出来上がるのを待ちます。

 

水麹.jpg 

 

【仕込み】

酛場(もとば=酒母を造るへや)に、釜場から炊き上がった蒸米が運ばれてきます。

目標値とする蒸米温度まで冷ますため、蔵人が手で素早く布の上に広げます。 

 

蒸しを広げる.jpg蒸米が目標温度に冷めたら仕込タンクに入れて、

櫂入れ(かいいれ)をして仕込みます。

 ※櫂入れ・・・櫂棒と言う道具で撹拌する作業です。

 酒母仕込み.jpg

 

 

【荒櫂(あらかい)】

蒸米が十分に吸水し、こんもりと膨れ上がる時期に、

蒸米と麹を潰さない様に撹拌する作業で、

古来から、『櫂(かい)で潰すな、麹(こうじ)で溶かせ』

いわれています。

 
直に攪拌.jpg仕込以後は櫂棒を使わず、自分の手で撹拌します。

 

これは、仕上がる経過を注意深く観察するためで、

  目で見て香りを嗅いで

   醗酵する音を聞き

    指先に当る麹、蒸米の硬さ

     溶け具合を感じながら、仕上げていきます。

 

仕込みから2週間後、

酛場に華やかな吟醸香(ぎんじょうか)が漂っています。

酒母の仕上がりです。

翌日の本仕込み(もろみ)を静かに待ちます。

 

美酒爛漫の酒母(しゅぼ)造りは、先人の言い伝えを守りながら

時間と手間をたっぷり掛けて造ります。

 

美酒爛漫の大吟醸酒 

    杜氏と蔵人のこだわりで醸しだされます。

                                杜氏 本多

 

 

 

 

美酒爛漫 みたけ蔵屋上より     <<<鳥海山定点観測>>>

2011年02月02日

平成23年2月第1号

























 




鳥海山 写真2011.2.2.jpg平成23年2月2日/気温-2
度/撮影時間7:45    撮影者  阿部

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

積雪観測 <美酒爛漫の地元で雪>

2011年02月01日

撮影時の積雪 約180cm

 

 

 






IMG_1803.jpg 



平成23年2月1
日/気温-2度/撮影時間7:35 撮影者 阿部

 

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ