美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別エントリー

無濾過吟醸酒の上槽(じょうそう)作業

2014年12月25日

秋田県産の酒造好適米<秋田酒こまち>を精米歩合55%にして仕込んだ〝無濾過吟醸酒〟の、もろみ(醪)が、目標の酒質になったので上槽(じょうそう)をしました。

上槽は、もろみを清酒と酒粕に分ける、搾り作業です。
通常は酒槽(さかぶね)と呼ばれるもろみ圧搾機を用いますが、『無濾過吟醸袋取り』は名前の通り、もろみを酒袋に入れてタンクの上に吊るし、自然に滴り落ちる、しずく(清酒)をタンクの底に集める方法で搾ります。

袋取りの作業では、先ず、もろみの成分が均一になるように、杜氏が櫂棒(かいぼう)で撹拌します。

 

酒袋に充填DSC00488 (2).JPG酒袋に充填DSC00488 (1).JPG良く掻き混ぜられたもろみを酒袋に入れ、素早くタンクの上に運びます。

 

醪が入った袋を運ぶ.JPG吊り作業.JPG運ばれた酒袋は、二人の蔵人が酒袋2本を紐で結んで一組にして吊るします。

今日は、4本のタンクに酒袋30本ずつ、合計120本の酒袋を吊るしました。

 

華やかな香りとフレッシュな味わいが特徴の吟醸酒は、この作業を短時間で終わらせなければなりません。

酒袋を吊る作業が終わると、タンクをビニールで覆い、香りを逃さないようにします。

 

ビニールをかぶせる.JPG最初に滴り落ちる吟醸酒は白く濁っているので別の容器に取り、澄んできた吟醸酒だけを集めます。

 

濁った吟醸DSC00493.JPG澄んだ吟醸DSC00498.JPG

集まった吟醸酒は別のタンクに移し、濾過をしないで(無濾過)そのままの原酒を壜詰します。

すべての作業が終わると仕込室を綺麗に掃除して、蔵人たちは各自の持場に帰ります。

 

 

蔵人が手間暇かけて造った

「無濾過吟醸袋取り」を、どうぞお試しください。

 

無濾過吟醸袋取り.jpgのサムネイル画像

     「無濾過吟醸袋取り」 成分値

       アルコール分 18度以上19度未満

       日本酒度      -3.0

       酸   度      1.4

       アミノ酸度      1.3

 

【小売価格】 オープン価格 

 ※参考小売価格: 720ml壜 1,836 円(消費税込)

 

◎価格は、取扱い店にお尋ねください。

 『無濾過吟醸袋取り』は、下記の取扱い店でご購入いただけます。 

 

【取扱い店】

 山田一平酒店 (秋田県湯沢市)        電話0183-73-2417

 カドヤ (秋田県湯沢市)             電話0183-73-3211

 お酒とお米の久志 (秋田市八橋)       電話018-824-3972

 西武 秋田店 (秋田市中通)           電話018-832-5111

 はせべ酒店 (秋田市雄和)            電話018-886-2180

 酒遊館 かとう (秋田県潟上市)        電話018-878-2010

 菅原商店 (秋田県大館市)           電話0186-43-2384

 カネトク卸総合センター㈱ (秋田県大仙市) 電話0187-62-1750

 ㈲スガワラショップ (秋田県仙北市)     電話0187-55-2242

 乳井商店 (青森県西津軽郡)        電話0173-72-3047

 丸子酒店 (宮城県亘理郡)          電話0223-34-3452

 お酒の横濱屋 蒔田店 (横浜市南区)   電話045-741-5001

 

 

 

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ