美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

月別エントリー

週刊「鳥海山」 2月15日~2月21日

2015年02月23日

2月17日 爛漫みたけ蔵から望む鳥海山。
 空の色はやや暗く、山の裾野にかかった靄が、
 寒さを際立たせるような景色です。

 

鳥海山写真2015.2.17.みたけ .jpg


 


鳥海山写真2015.2.17.みたけ2 .jpg  みちのく湯沢は寒い日が続いていますが、

 日足も長くなり、少しだけ春の兆しが感じられるようになりました。

 


 


  (撮影:阿部 文:砂保里)

 









★鳥海山の写真を壁紙にしてお使い下さい!


写真をクリックすると、1,280×1,024ピクセルサイズで


表示されます。


 ↓ ↓ ↓


右クリックして、デスクトップ背景に設定を選び


保存して下さい。


そのまま壁紙に使用できます。



美酒爛漫のおすすめ商品


★送料無料商品もあります!


  ↓ ↓ ↓


詳しくは、コチラから

 

 

いつもの “豚汁” に美酒爛漫の「酒粕」を入れました!

2015年02月20日

先日テレビを見ていたら

『酒粕入り豚汁』を作って食べていたので、

これは私でもできる簡単レシピ!と思い、

さっそく作ってみました。

作り方はいたって簡単!

image-5.jpeg家にある材料で

豚汁をいつものように作ります…

材料は玉ねぎ、人参、ごぼう、じゃがいも、

そして、もちろん豚肉です。

image-4.jpeg味噌を入れる前に

「酒粕」を溶かしながら入れます…

image-3.jpegきれいな白になりました~!

(私は酒粕を30gほど入れてみました。)

image-2.jpegそして最後に味噌を加えて、出来上がりです!


テレビでは、最後に「酒粕」を

そのまま鍋に入れて溶かしていましたが…

わが家には粕汁が苦手な人がいるし、

子供も食べるしと思って、

味噌を入れる前に「酒粕」を入れてみました。

image.jpegそして、酒粕入りとは言わずに食卓へ…

みんな『おいし~』と言って食べてくれました。


普通の豚汁よりもコクがあり、そしてあったまる~

体がポカポカになりました。


寒い時期にはピッタリです!

皆さんもぜひ試してみてください。

美酒爛漫の「酒蔵開放」は大盛況でした!!

2015年02月19日

みちのく湯沢の≪犬っこまつり≫初日の、2月14日(土)に

美酒爛漫の冬季大イベント、「酒蔵開放」を開催しました。


10時~15時まで、酒蔵の中をご見学いただきました。

日頃のご愛飲に感謝を込めて、種々のイベントを用意して、

皆さまにお楽しみいただきました。

 

今年は、爛漫製品4種類の〝きき当て〟を『クイズ形式』で終日行いました。

自由参加でしたが、720名もの方に参加していただきました。

その内、全問正解された方は108名でした。


外れた方も正解された方も、「難しかった~」「迷ったんだけどな…」と

日本酒の「利き酒」を楽しんでいただきました。

 

酒蔵開放2015 利き酒.jpg


麹(こうじ)でつくった甘酒や、限定販売酒等、爛漫製品の

〝試飲コーナー〟は「笑談室」に設けました。  ↓ ↓


酒蔵開放2015 利き酒2.jpg


酒造りの時期だけしかない、酒粕(板粕)も女性のお客様に好評でした。

 ※酒粕を使ったレシピはこちらから。

 


 

醪(もろみ)の〝櫂(かい)つき体験〟では、

生きている酵母を「すごい!」と覗き込む方や、

「蔵人になった気分を味わえたよ!」と喜ばれる方、

興味を持って、櫂つき体験を順番待ちするお客様で賑わいました。

 


酒蔵開放2015 櫂いれ.jpg


 

前日から寒波の影響で、湯沢市は大荒れの天気でしたが、

悪天候の中、美酒爛漫の「酒蔵開放」に835名の方がご来場くださいました。


皆さまから「たくさんの笑顔」と「励ましの声」をいただきました。

心より感謝申し上げます。


「酒蔵開放」は終了いたしましたが、

酒蔵見学は随時受け付けておりますので、

機会がございましたらお立ち寄りください。

いつでも、皆さまのお越しをお待ちしております。


酒蔵見学のご予約はこちらから






 

 

週刊「鳥海山」 2月8日~2月14日

2015年02月17日

前週の穏やかな天候から一転して、

風雪と、寒さが厳しい一週間となりました。

 

あいにくの天候で、鳥海山は姿を現しませんでした。

 


鳥海山写真2015.2.jpg


 

 

2月14日と15日には、みちのく湯沢の小正月行事、

犬っこまつりが開催されました。

 

開催前日の13日には、

〝お堂〟と〝犬っこ〟の雪像が完成したメイン会場で、

写真撮影会が行われました。

 犬っこ撮影会2015.2.13.1.jpg美酒爛漫社員が制作した〝お堂〟と〝犬っこ〟の雪像です。

 


犬っこ撮影会2015.2.13.jpg

撮影会では、

お堂の前に、藁沓(わらぐつ)を履いた子供たちが加わって、

お祭りの雰囲気を盛り上げました。

 


犬っこ撮影会2015.2.13.2.jpg  


 

(撮影:阿部  文:砂保里)

 

 

 

美酒爛漫のおすすめ商品


★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラから

 

秋田市大町、伝承の味処 「無限堂 大町本店」

2015年02月16日

和風で落ち着いた雰囲気の、稲庭饂飩の製造メーカー直営店

「無限堂  大町本店」は、秋田駅から徒歩20分のところにあります。

 

瓦屋根を施して蔵をイメージした外観は、

商家の佇まいを思わせ、とても趣があります。

 

無限堂(正面).jpg

 この日の〝こだわりのお通し〟は「ツブ貝ウニあえ」と

「海老と筍の炊き合わせ」、「蕗穴子玉子けんちん」、そして

「ハタハタの切り寿し」と、地元の食材を生かした郷土料理でした。

 

無限堂(料理).jpg「野菜天ぷら盛り合わせ」と、板長おまかせの「お刺身」を注文。

男鹿から直接仕入れる新鮮な日本海の魚がほとんどで、

「タコ」、「ソイ」、「本マグロ」、「ワラサ」の刺身に、

美酒爛漫の『みちのく吟醸花爛漫』が相性ぴったりでした。

 

最後の〆にはやっぱり、秋田名物の「稲庭うどん」です。

創業以来の看板メニュー、

鶏肉と椎茸自慢の塩出しつゆの「稲庭うどん」です。

 

郷土料理が存分に味わえる「無限堂  大町本店」

笑顔が素敵なフロアチーフの越後さんが親切に応対してくれます。 

 

無限堂(チーフさん).jpg 

 

【住所】秋田市大町1丁目3-2  TEL 018-863-0008

【営業時間】昼:午前 11:00~午後 2:00

          夜:午後 5:00~午後 10:00

  ※駐車場14台完備

 

       無限堂 大町本店は、こちら

 

 

                 小松 孝 記 

 

〝みちのく〟の冬のイベント「花嫁道中」と、「犬っこまつり」

2015年02月12日

1月31日 

 湯沢市のお隣、羽後町で、

 昔ながらの〝馬車で引かれて嫁入りする姿〟を再現する

 ≪花嫁道中≫が行われました。 

 

 馬車に乗るのは、

 公募で選ばれた、年内に挙式予定のカップルです。

 

花嫁道中2015-1.jpg 新郎が羽織り袴、新婦が打ち掛け姿の盛装で、

 ­西馬音内(にしもない)役場前から七曲峠を越え、

 田代地区にある「長谷山邸」までの12kmを

 馬車で行進します。

 


花嫁道中2015-2.jpg 花嫁道中2015-3.jpg 

 2月14日と15日には、みちのく湯沢の小正月行事、

 犬っこまつりが開催されます。

 会場には〝お堂〟や〝犬っこ〟の雪像が造られ、

 毎年多くの観光客で賑わいます。

 

 ≪犬っこまつり≫ 開催の初日2月14日(土)には、

 美酒爛漫では、ご予約なしで酒蔵を見学できる

 ≪酒蔵開放≫を行います。 

 〝酒造り体験コーナー〟や〝きき当て大会〟など、

 お楽しみいただけるイベントをいろいろ用意して、

 皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 美酒爛漫の酒蔵開放

   お誘い合わせて、お出かけください!

  ≪酒蔵開放≫について、詳しくは こちら から。

 

週刊「鳥海山」 2月1日~2月7日

2015年02月10日

2月5日

 爛漫みたけ蔵から望む鳥海山は、

 久しぶりに全貌を現しました。

 頂上が見えたのは、約2週間ぶりです。 

 

 山の中腹を雲が通り過ぎて行きます。

 


鳥海山写真2015.2.5.みたけ 1.jpg


 

  (撮影:阿部 文:砂保里)

 









★鳥海山の写真を壁紙にしてお使い下さい!


写真をクリックすると、1,280×1,024ピクセルサイズで


表示されます。


 ↓ ↓ ↓


右クリックして、デスクトップ背景に設定を選び


保存して下さい。


そのまま壁紙に使用できます。



美酒爛漫のおすすめ商品


★送料無料商品もあります!


  ↓ ↓ ↓


 

詳しくは、コチラから

湯沢市の積雪情報 2月10日

2015年02月10日

現在の積雪は約1メートル30センチほどです。

湯沢市積雪情報 2015.2.10.1 .jpg

 今日の湯沢市内です

 

湯沢市積雪情報 2015.2.10.2 .jpg 犬っこまつりの準備も進んでいます。

 

湯沢市積雪情報 2015.2.10.3 .jpg 羽後町で雪中綱引きが行われて、子供からお年寄りまで参加して盛り上がりました。

 

元城雪まつり1.jpg 

元城雪まつり2.jpg 

元城雪まつり3.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美酒爛漫≪笑談室≫で、AKTの民謡番組『心の唄 古里の唄』の収録が行われました。

2015年02月09日

2月4日(水)、

美酒爛漫の御嶽蔵2階にある、見学に来られた方々に

ご休憩いただいている『笑談室』で

秋田テレビ(AKT)で放送されている民謡番組

心の唄 古里の唄』の収録が行われました。

 

笑談室2013.2.jpg以前は、民謡といえばAKT『クボタ民謡お国めぐり』というほど、

誰もが知っているお馴染みの番組がありましたが、

『心の唄 古里の唄』は、その後番組です。

秋田テレビでは開局以来、民謡番組放送をずっと続けており、

民謡王国秋田の伝統継承と発展に貢献されています。

 

年4回の予定で収録、放送をしている今期のテーマは、

仲間との共同作業を円滑にしたり、作業能率をあげるために

歌い継がれてきた【作業唄】で、

1回目の春編・農作業唄編は、秋田県立博物館分館

『旧 奈良家住宅』で収録。

2回目は、全国的にも貴重な建造物として保存されている、

阿仁の『阿仁異人館』にて。

3回目は、秋編・収穫唄編で収穫の喜びを表現する唄を

全国的にもめずらしい『餅の館』で収録して、

好評のうちに放送を終えています。

 

そして4回目になる今期最後の収録は、冬編・酒屋唄編で、

美酒爛漫の『笑談室』で行われました。

 

当日は、朝9時からテレビ局のスタッフの方々が準備に入りました。

普段は見学に来られた方の休憩所である『笑談室』に、

収録用の音響機材や照明機材が沢山持ち込まれて、

あっという間にスタジオに早変わりです。

 

IMG_1930.jpgIMG_1928.jpg収録1時間前には出演の方々も合流し、

立ち位置や、音合わせのリハーサルが始まりました。

出演者もスタッフも、真剣そのものです。 

 

IMG_1933.jpg

IMG_1977.jpg

収録が始まると『笑談室』の中の空気が一転、

ピンと張りつめた感じです。

 

IMG_1937.jpg

IMG_1941.jpg秋田県は造り酒屋が多いので、

酒造りの【作業唄】がたくさんあります。

 

王堂正蔵さんは、

『湯沢酒屋櫂入れ唄』、『湯沢酒屋引櫂の唄』、

そして『秋田酒屋仕込み唄』の3曲を収録しました。

 

IMG_1971.jpg

髙橋一郎さんは、

『秋田米とぎ唄』と『秋田酒屋唄』を収録しました。

  IMG_1966.jpg

お二人で唄う、『秋田酒屋もとすり唄』も収録されました。

 

IMG_1976.jpg

生で聴く唄い手さんの声に圧倒されます。

尺八・三味線・太鼓の音、掛け声も相まって、

美酒爛漫の蔵の中から心地よい響きの民謡が流れて来ます。

爛漫の酒樽を背に唄う民謡を聴くのはとても贅沢な気分です。

 

『笑談室』の収録と同時に、酒蔵見学の収録も行われました。

AKTの夕方の番組を担当している八代アナウンサーが

御嶽蔵を見学するところを、収録しました。

 

番組の中で歌われる〝酒屋唄〟の作業現場を見学しました。

 

IMG_1955.jpg普段見る機会のない作業現場を見学出来たので、

とても喜ばれていました。

お酒を搾る作業場では、しぼりたてのお酒の

フレッシュな良い香りに感動されていました。

 

笑談室、御嶽蔵での収録も無事に終えることが出来て、

美酒爛漫にも、良い思い出が出来ました。

 

IMG_1962.jpg今回収録した【酒屋唄】は、〝民謡ファン〟の皆様はもとより、

美酒爛漫のふるさと湯沢で、二十数年続いていた

「酒屋唄競演会」が見られなくなって寂しく思われていた

〝酒屋唄ファン〟の皆様にもお薦めです。

迫力のある【酒屋唄】が酒蔵の雰囲気と共に楽しめますので、

是非ご覧ください。

放送は3月28日(土)午後4時からです。

 

美酒爛漫の酒蔵見学にお出でになったら、

収録場所の『笑談室』でお寛ぎ下さい。 

 

             ( 里 実 記 )

 

 

 爛漫蔵見学をご希望の方は、こちら

 

 ※みちのく湯沢の〝犬っこまつり〟初日の2月14日(土)は、

  美酒爛漫は≪酒蔵開放≫をして、ご予約なしで

  見学していただけます。

  楽しいイベントもご用意して、お待ちしておりますので、

  お誘い合わせてお越しください。

 

 

  

週刊「鳥海山」 1月25日~1月31日

2015年02月03日

 1月29日夜から30日にかけて、

大雪警戒の予報が出ていましたが、

心配していた程の大雪にならず、被害もなくてホッとしました。

 

 

1月29日  朝からどんよりとした雲に覆われて、

 鳥海山の姿は見えません。

 

鳥海山写真2015.1.29.みたけ 1.jpg  爛漫みたけ蔵屋上から見た湯沢市内の様子です。

 

鳥海山写真2015.1.29.みたけ 2.jpg
 下の写真は、爛漫の社屋です。 

 手前の屋根が精米所、中ほどの建物が事務棟、

 壁面に〝爛漫〟の文字が見える、奥の建物が壜詰工場です。

 

 今年は例年に比べ、屋根の雪も少ないです・・・

 

鳥海山写真2015.1.29.みたけ 3.jpg  壜詰工場前では、トラックが積み荷を待っています。

 

鳥海山写真2015.1.29.みたけ 4.jpg

 

1月30日 8時頃、みたけ蔵から見えた鳥海山です。

 悪天候のため、頂上は見えませんでしたが、

 うっすらと姿を現してくれました。

 

鳥海山写真2015.1.30.みたけ 1.jpg 

 

 (撮影:阿部 文:砂保里)

 

★鳥海山の写真を壁紙にしてお使い下さい!

写真をクリックすると、1,280×1,024ピクセルサイズで

表示されます。

 ↓ ↓ ↓

右クリックして、デスクトップ背景に設定を選び

保存して下さい。

そのまま壁紙に使用できます。

美酒爛漫のおすすめ商品


★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

 

詳しくは、コチラから

居酒屋「七希」は、仙台市にある〝やすらぎの隠れ家〟です

2015年02月02日

今年で開店10周年を迎える仙台市の居酒屋「七希」は、

仙台市の繁華街青葉区一番町の第三藤原屋ビルの地下1階にあり、

オーナーの鈴木由美子さんが一人で切り盛りしています。

 

店名である 「七希」 の由来は、

鈴木さんの出身地である宮城県七ヶ浜町の≪七≫と、

好きな言葉、〝希望〟の≪希≫を合わせて決めたそうです。

 

その七ヶ浜町は先の東日本大震災で甚大な被害を受けてしまい、

鈴木さんは「一早い復興の願いを込めて頑張っている」と話されます。

 


七希 入口.jpg


 

店の前には

「りっぱなものは出来ません!でも心を込めて作っています!

身体とお財布に優しい小さな家庭料理屋です。」と書かれた、

オーナーの人柄が垣間見られる、謙虚な看板が置かれています。

 

七希2 .jpg

店内はカウンター5席とボックスが4席。

落ち着いた装飾がちょっとした隠れ家的雰囲気を醸し出しています。

お客様は会社帰りのサラリーマンの方がほとんどとの事..です。

 


七希 .jpg 
香り華やかですっきりとした味わいの

美酒爛漫 純米吟醸「香り爛漫」に、相性抜群の新鮮なお刺身。

他にも宮城県沖で獲れた〝カレイ〟の焼き物にも「香り爛漫」は良く合いました。

また、鳥もつの煮込みやカキフライには、よく冷えた「生貯蔵酒」が最高です。


仙台市の居酒屋「七希」

一日の疲れを癒してくれる、くつろぎのお店です。

 

 

  居酒屋「七希」は こちらから


秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ