美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別エントリー

週刊「鳥海山」 4月12日~4月18日

2020年04月22日

4月16日

みちのく湯沢にも春が訪れ、

まだ雪の残った鳥海山を背に、農作業が始まりました。

 

 

 

爛漫御嶽蔵から望む鳥海山は、青い空に浮かぶ白い雲が清々しく、

真っ白な鳥海山が一層際立って見えました。

 

 

 

(撮影:阿部 文:砂保里)

 

 

   ★鳥海山の写真を壁紙にしてお使い下さい!

写真をクリックすると、1,280×1,024ピクセルサイズで

表示されます。

   ↓ ↓ ↓

右クリックして、デスクトップ背景に設定を選び

保存して下さい。

そのまま壁紙に使用できます。

 

=======================

美酒爛漫のおすすめ商品

★送料無料商品もあります!

↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラから。

========================

春告げ野菜「ふくたち」で春を味わいます!

2020年04月07日

みちのく秋田も今年の冬は暖冬だったので、ふきのとうや水仙がいつもより早く見かけられます。

この時期はまだまだ地物野菜は出ていませんが、唯一取れる野菜に秋田県南部で昔から栽培されている「ふくたち」が有ります。

「ふくたち」は、〝福が立つ〟という意味で名付けられたと言われています。

 

 

秋に「白菜」の種を蒔き、成長すると雪の下で種を残そうと葉の中に芯(花芽)を作って茎を伸ばし始めますが、その茎が春になってとう立ちした物を「ふくたち」と呼びます。

旬の時期が3月~4月と短く流通エリアも狭い事から、かつては幻の食材とも言われました。

  

雪の下で〝寒締め〟を繰り返しながら甘さを増して、白菜とは全く違った味わいになった「ふくたち」を使って、酒の肴を作りました。

 

《おひたし》

シンプルで素材の味が一番味わえる一皿。

 

《和え物》

豆腐と味噌で味付けをし、胡麻をトッピングしてみました。

 

《味噌汁》

軽く茹でて刻み、熱々の味噌汁に入れますと、

鮮やかな緑色がお椀の中で映えます。

 

 

今宵は、まるごと秋田の「純米酒 まなぐ凧」で、

旬の味を楽しみます。

 

純米酒「まなぐ凧」

詳しくはコチラから

週刊「鳥海山」 3月22日~3月28日

2020年04月03日

3月26日

 

厚い雲の下、夕日のオレンジ色と混じり合い、静かに佇む鳥海山です。

 

 

 

みちのく湯沢は、まだ底冷えするような寒い日が多く、

すぐそこまで来ている「春」本番を待っています。

 

 

(撮影:阿部 文:砂保里)

 

 

   ★鳥海山の写真を壁紙にしてお使い下さい!

写真をクリックすると、1,280×1,024ピクセルサイズで

表示されます。

   ↓ ↓ ↓

右クリックして、デスクトップ背景に設定を選び

保存して下さい。

そのまま壁紙に使用できます。

 

=======================

美酒爛漫のおすすめ商品

★送料無料商品もあります!

↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラから。

========================

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ