美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別エントリー

美酒爛漫「日本酒の愉しみ方」募集に、ご投稿いただきました!!

2021年03月26日

「日本酒の愉しみ方」

~岩手県の新里様からご投稿いただきました~

 

☆酒の肴

1)「かど(ニシン)」のすし漬け

◆カド(生ニシン)は頭を取り、身の部分を3等分くらいの

斜めぶつ切りにし塩水に一昼夜漬ける。重しはいらない。

◆カドをザルにあげ、水気をしっかり切って酢に半日漬ける。

◆漬け床をつくる。米麹とご飯、酒を混ぜ、半日ほどなじませる。

◆カドをザルにあげ、酢の水気をしっかりきる。

◆漬け樽の内側にポリ袋を入れ、底に漬け床を敷き、カドを1段並べ、

漬け床を重ねて笹の葉を一面に並べる。同じように漬け床、カド、

漬け床、笹の葉の順に繰り返して重ね、蓋をして素材と同重量の重しをする。

水があがったら半分の重さにして3週間程度漬けこむ。

 

※酢をしっかり切らないと、なれずしではなく酢漬けになる。

酢漬けの容器から漬け樽に一気に移すのではなく、

少しずつ水気を絞って入れる。

 

2)水キムチ

◆米のとぎ汁を捨てずに煮て冷まします。(塩を入れます)

◆にんにく、生姜をすりおろし、搾ってとぎ汁に加えます。(適宜)

◆ここに、お好みの野菜を漬物サイズにカットして入れ、発酵させます。

(鷹の爪、だし昆布一枚、人参、胡瓜、大根、キャベツ、カブなど)

※発酵は、夏場常温で1日以上。冬場は3日以上。

 

    新里様から、「乳酸菌たっぷりの浅漬けは汁も美味しいです。

           酔い覚ましにも…」と。

 

皆様からのオリジナリティあふれるアイディアは、

日本酒への関心を募らせると共に、

私共の“日本酒造り”への励みともなります。

新里様、ご投稿ありがとうございました。

 

ご応募、お待ちしております。

【応募方法】

メール《ranman@ranman.co.jp》

FAX《0183-72-3247》

封書※写真がある場合

 

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ