美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別エントリー

今日は、先日精米したあとの「枯らし」を終えた、山田錦(精米歩合40%)の洗米と浸漬(しんせき)です。

 

洗米は、精米後の白米に付着している「糠(ぬか)」を取り除くために行います。

 

洗米を始める合図の、秒読みの大きな声が釜場に響きます。

 

カウントダウンで、0(ゼロ)の声と同時に、

(ざる)入った白米を水に入れて洗米作業開始です。  

 

CIMG0195.JPG

ストップウオッチを見ながらの仕事です。

 

30秒経過、1分経過~ 

予定時間に洗米を終えると、米が水から離れないよう、直ぐに水を張った浸漬用の容器に入れます

 

 

浸漬(しんせき)とは、白米の中心まで水を吸収させるために、水に漬けておくことです。

目的は、次の工程で、蒸した米の糖化作用を助けるためです。

 CIMG0172.JPG

 

CIMG0174.JPG

 

目標値の吸水率になる頃を見計らって、容器から取り上げ水切りをします。

※吸水率は、米粒内部に吸収される水の量を%で表したものです。 

 

今日は、洗米から水切りまでの時間が11分50秒で目標値の吸水率になりました。

 

 

 

美酒爛漫では(こうじ)用の白米は浸漬の後、布の上に広げて表面をほんの少し乾燥気味にします

 

CIMG0138 (2).JPG

こうすることで、(こうじ)に最適な蒸米をつくる事ができます。

 

 

一、麹(こうじ) 二、もと 三、造り

大吟醸酒の仕込みは全て手作業で、

蔵人が手間暇を掛けて造ります。

 

その成果を美酒爛漫大吟醸酒でお確かめ下さい。

                                

                       (蔵元案内人 飯塚)

 

 

 

コメントをする

 師走に入り何かと気ぜわしい毎日です。

 

 今日は 「もろみ袋吊り作業」 を紹介します。

   

  圧力をかけず、自然の力で袋から垂れ落ちる

 「しずく」 だけのお酒です。  

 

無濾過 袋取り3.jpg  

 タンクに吊ってからすぐに出てきた 「しずく酒」…

 

   最初は濁っていますが、

     ほんの数分で半透明になりました。

 

 

 今日出来た 「しずく酒」 は、

 

   美味しい

     『無濾過(むろか)吟醸袋取り』

                        として出荷します。

 

 

                          <蔵元案内人 直美 記>  

 

 

コメントをする

 

美酒爛漫の地元湯沢市では、朝夕の気温が10℃を切るほどの寒さです。

 

いよいよ「大吟醸酒」造りの始まりです!

第一番に、お酒の原料となるお米(玄米)を精米して、白米にします。

原料米は酒造好適米の「山田錦」「あきた酒こまち」を使用しています。

 

大吟醸酒と純米大吟醸酒を造る時の精米歩合は、35%、40%、50%の種類です。

目標の白米になるまでじっくり時間をかけて、丁寧に精米します。

 

 ※精米歩合は、精米する前を100%とした時の、

  精米後のお米の大きさです。35%であれば、

  外側65%を削り取ってしまいます。

  私達が食べている白米は、大体90~92%

  精米歩合ですから、随分違いがあります。 

 

精米過程1.jpg 
精米過程-1.jpg

                  山田錦 玄米  

 

 精米過程4.jpg
 精米過程-4jpg.jpg

精米開始72時間後(精米歩合40%)

 

目標の白米に仕上がりました。

 

出来上がった白米は、精米中の摩擦熱で品温が上昇して、水分も減少するため、一定期間保管(枯らし)をして品温を下げ、水分を均一にしてから使用します。

 

大吟醸酒造りは、

季節限定商品「無濾過大吟醸しぼりたて」の仕込みから始まります。

 

                      (蔵元案内人 飯塚 記)

 

 

 

コメントをする

日ごとに朝晩の寒さも厳しくなり、いつ雪が降ってくるかとドキドキ

しています。 

 

今日は生酛仕込みを紹介します。

 

 

きもと造り 酒母1.jpg

             ↑    ↑    ↑    ↑    

       ☆☆ 只今 生酛仕込み中です ☆☆

       温度を見ながら慎重に櫂(かい)入れしています。

 

     生酛造りの基本は

      『櫂(かい)でつぶすな麹(こうじ)で溶かせ』 

         この基本を忠実に守って造っています !!

 

 

きもと造り 酒母3.jpg

 

生酛仕込みは蒸米と麹だけを原料に仕込み、

蔵内に生息する乳酸菌を初めとする微生物を利用して、

酵母を純粋に、多量に培養する育成方法です。

 

櫂入れのタイミングや回数、温度管理が煩雑で

高度な技術と長い育成期間を必要とするため、

普通のお酒の仕込み(速醸酛仕込み)期間よりも長い、

22~24日間ほどの日数が掛かります。

 

 ※多くのお酒は速醸酛仕込みで造られています。

  醸造用乳酸と純粋培養された種酵母を添加するため、

  短期間(14日間ほど)で酵母を培養できます。 

 

 

    手間ひま惜しまない生酛仕込みの味を、

       是非お楽しみ下さい ♪♪♪ 

 新きもと特醸原酒720.jpg

新きもと特醸原酒720.jpg
     ☆ ネットショップにてキャンペーン中 ☆

     11月まで期間限定ですので、お早めに !! 新きもと特醸原酒720.jpg

                         <蔵元案内人 直美記>   

コメントをする

みなさん、こんにちは (#^.^#)

 

美酒爛漫の地元湯沢市は、田んぼの黄金色の稲穂も刈り取られ

深まりゆく秋を感じさせる景色です・・・

 

さて、春から数回に亘って、

「酒米研究会」高橋会長の田んぼで作られる稲の生長の様子を

お伝えしてきましたが、稲刈りも無事に終わって、待ちに待った

酒造好適米の新米が入荷しました !(^^)!

 

 

 

新米入荷1.jpg

 

 

 

新米入荷3.jpg今年度美酒爛漫の、大粒で芯の白い部分が大きい酒造りに適した『秋田酒こまち』仕入数量は、

1俵あたり60kg換算で2,500俵を予定しています。

 この2,500俵を、10月から4月までの間、美酒爛漫の酒造りに使用していきます。

 

 


新米入荷8.jpg秋田酒こまち』の玄米を、紙袋から精米機へ送ります。

一回あたり、25俵~30俵(紙袋で60袋)精米します (^-^)

 

新米入荷9.jpg秋田酒こまち』の玄米です!「今年の出来はどうかな?」

  ・・・確認中  (・・?

 

新米入荷2.jpg 

 

 

 

 

 

 

←こちらは精米機です (^O^)/

我社自慢の精米機デス (*^^)v

 

 

 

コンピュータ制御で連続運転します!

 

↓ ↓ ↓

新米入荷10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

新米入荷4.jpg65%精米した『秋田酒こまち』です ↑ ↑ ↑

流石!芯の白い部分が大きい酒造好適米です。

真っ白で美しい~♫

   麹や酒母の原料として使われる状態です。 ※ ※ ※

 

 

新米入荷7.jpg使用済みの紙袋は丁寧に広げて、精米後に発生する米糠を入れて再利用されます。

 

酒米生産者の方々が丹精込めて育てた

大粒芯白酒造好適米『秋田酒こまち』 (^v^)

その気持ちを受け継いで、品質第一!!

美酒爛漫は、今年もおいしい日本酒造りに励みます (^◇^)

 

花爛漫小町.jpg 

 

大粒芯白酒造好適米

秋田酒こまち』100%使用

 美酒爛漫の大吟醸酒、その名も・・・

 「大吟醸花爛漫小町」

 

是非一度ご賞味ください ☆彡       <s> 

 

 

 

コメントをする

10月に入るとスッカリ秋ですね。

朝晩の冷えが違います (>_<)

 

美酒爛漫では、いよいよ『にごり酒』を発売します。

 

        nigori1.jpg

 

10月15日発売に向け、先週、出来上がったばかりの

『にごり酒』を壜詰めしました。  

 

nigori2.jpg
 

 

← 1本1本丁寧に

   検査しています。

 


nigori3.jpg

nigori4.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OK!

出荷準備完了! (^O^)/

 

 

美酒爛漫 むかしながらの『にごり酒』

      いよいよ 明日発売!!

      おたのしみに~ (^^♪

 

                  にごり酒 4種類.jpg

 

 

   美酒爛漫 ネットショップでは

   明日から にごり酒 のキャンペーンも始まりますよ~ (^O^)/

 

           詳しくは… → → → こちらから <m(__)m> 

              

 

 

コメントをする

       先週あたりから美酒爛漫のある湯沢市では、

       あちこちで稲刈りしている光景がみられます!

 
     

たんぼ.jpg

       今では、↑の写真のような田んぼの風景は

       珍しくなったんじゃないでしょうか?

 

うちの稲刈りも 「2人で充分だ!」と言われ、特に

何も手伝うこともなく夕方には終わってました… (*_*;

今は本当に楽になりましたよね (^-^)

 

さて、美酒爛漫では

〝にごり酒〟の仕込みがスタートしました (^O^)/

 

にごり かいいれ1.jpg

 

 

 

 

← もろみの櫂(かい)つきの様子☆

 

今年初めての仕込みなので、

気合が入ります !(^^)!

 

 

 

 

   

にごり 温度計.jpg

 

 

← 温度を測ってます。

 

もろみの醗酵は温度管理が

大切なんです… 

 

 

 

 

 

 

 

にごり 温度計2.jpgのサムネール画像 

← こんなに長~い温度計

なんですヨ  (#^.^#)

 

 

 

  

もろみタンク掃除1.jpg
 

櫂つきの後は、タンクに付いた

もろみを取り、丁寧に

拭きます。

 

もろみタンク掃除2.jpg

 

 

↓↓↓ もろみ 2日目 ↓↓↓ 

プツプツと気泡が現れ、発酵が始まっています。

 

にごり もろみ2日目.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日を追うごとに、

発酵は徐々に勢いを増していきます。 

 

 

▼▼▼ 7日目の様子を、動画でご覧下さい! ▼▼▼

    http://www.youtube.com/watch?v=1bTL-6j8MBw

  もろみの醗酵している様子が、良くわかりますよ!

 

 

 出来上がりが楽しみです。 (●^o^●)

 

 

   ☆〝にごり酒〟10月15日より販売開始!☆

 

      ご予約受付中☆彡

 

       

コメントをする

湯沢の夏の行事が一段落しましたが

暑さも一段落したようです。

ここ湯沢では、真夏日はあまりなかったのですが

湿度の高さには参りました。 (~_~;)


 
酒蔵の中では温度差による結露が見られ…

拭き取り作業をしながら
 
ゆっくりと熟成するお酒を見守って来ました。

 
そして、いよいよ『呑切り(はつのみきり)』です!

 
搾ったお酒は火入れで熱殺菌した後、密閉状態で寝かせています。

温度管理を徹底し、約4カ月間静かに熟成を促してきました。

いよいよ、そのお酒を取り出して品質をチェックします!

 
大事な年中行事です。
 

 静かにその時を待っているタンクは約150本
 
密閉されてきたタンクの呑み口の封を切ります。
のみきり3.jpgのみきり2.jpg
取り出したお酒は

きき酒や成分分析をして、酒質や、熟成具合のほか、
 
風味を損なう火落ち菌の侵入などが無い事などを確かめます。


 
これにより、タンクごとのお酒の個性をつかみ

一番おいしい状態で皆さまにお届けできるように
 
出荷計画をたてるのです。


 
さて、今年はどんな個性が味わえるでしょう!


楽しみにお待ちください!!

さて、蔵人一丸となって作り上げたお酒が

今年も全国新酒鑑評会で金賞受賞!

その金賞酒 』

9月15日から発売になります!!

20090805102755_ranmannews.jpg

詳しくはこちらまで↓

最新情報 金賞酒発売


乞うご期待!
 
 
ネットショップでのお求めは、送料無料です!
限定500本
 
★電話(FAX・E-Mail)ご予約受付中!!
TEL 0183-73-3161
FAX 0183-72-3247
E-Mail ranman@ranman.co.jp
 
 

コメントをする

残暑厳しい毎日が続いておりますが… 

美酒爛漫の酒蔵では、 “押し粕” の袋詰め作業をしています。

 



酒粕7.jpg 




 

お酒を搾った後の酒粕を

タンクに入れて踏み込み、

半年間密封して、貯蔵・熟成させ、やわらかくなった酒粕を 「押し粕」 といいます。

 

 

 

 

 

 

 

  

一つ一つが手作業なので、雑菌が入らないよう、クリーンスーツを着て全身を覆って作業しています。

・・・通称、宇宙服と呼んでいます。 (^.^)

 

  酒粕6.jpg
 

 

 

 

 

「押し粕」 をタンクから出し、

小分けしている作業です。

 

 

  


酒粕2.jpg 

 

 

 

 

  

こうして、2kg入れ、4kg入れ、10kg入れなどの袋に詰めていく作業は、7
月後半から、8月いっぱい続きます。

 
 

そして今年も美酒爛漫の酒蔵からは、熟成された新粕が出来上がりました !! 9月に出荷される予定です。

  

秋田では、野菜が収穫されるこの時期、押し粕は粕漬け (奈良漬) 用として重宝されています。

我が家でも毎年、キュウリとウリを粕漬けにして美味しくいただいています (^○^)

追伸、あまり食べ過ぎると酔っ払ってしまうので程々に・・・ (@_@)

 

    押し粕についてのお問合せは、


    
フリーダイヤル 0120-73-5544


    又は、E-mail ranman@ranman.co.jp でどうぞ。

 

お漬物といえば、発酵食品です。

発酵食品にはGABAが含まれているということですが、


爛漫GABA Power (ギャバパワー) ドリンクはいかがでしょうか !!

 GABAPAWERドリンク.jpg

 


GABA
は、
血圧降下作用、精神安定などの機能が注目されています。


そんなGABAが手軽に摂取できる、









 

爛漫GABA Power (ギャバパワー) ドリンクはお勧めです!!<Y>












ただいま、3ケースまとめ買いキャンペーン実施中!! 





 

 

 

  

コメントをする

美酒爛漫の蔵内清掃も、もう少し続きますが、

ボイラー室では、酒造りを安全に行えるように

6月から整備に入っていました。

 

毎年、夏の間に点検、整備をしています。

今年も検査は異常なし!

ボイラーも準備万端です。 (*^_^*)

 

ボイラー整備4.jpg  

ボイラー整備2.jpg 

↑↑↑

ボイラーの中に入って整備中!

 

 ボイラー整備5.jpg

 ↑↑↑

7月には、耐震補強のため煙突の補修も行いました。

 

高さ27m.直径115cmのこの煙突は

昭和26年に建てられたそうです!

 

こうして各職場では、お米の豊作を願いながら、

美味しい「美酒爛漫」を造れるように、

蔵内設備の清掃・整備もバッチリ!

酒造りの準備は進んでいます。 !(^^)!

 

 

さて、いよいよ夏本番!

これからキャンプにいこう☆彡という方に

オススメの1本!  (^^)/

 

熟成酒缶.jpg

 

 

本醸造 熟成酒缶 

標準小売価格 271円(税込)で好評発売中!

持ち運びも手軽な、とろりとした味わいのお酒。

200mlの飲みきりサイズです。 

 

 

<m>

     

 

 

 

コメントをする

みなさんこんにちは (^O^)

 

今月の酒蔵の様子をご報告いたします!

 

盤洗い1.jpg

 

 

 

 

 

 

↑ ↑ ↑

写真の白い布は、

炉布(ろふ=濾過用の布)です。 

醪(モロミ)を濾過して、酒(液体)と酒粕(固体)に分離する

圧搾機に使用します。

 

先月から、

炉板(ろばん=圧搾機の中で炉布を支える板)の

洗浄作業をしていました。

↓↓↓

 

盤洗い5.jpg 

写真は、

右側:水色の機械が圧搾機。

左側:銀色の板が炉板。

 

 

圧搾機は4台あって、炉板は圧搾機1台につき180枚もあります!

4台分720枚洗浄するため、10人掛かりで作業しています。

 

 

炉板の洗浄が全て終わるまでに、約一ヶ月かかり、

今週(7月第一週)からは、炉布の洗浄に取り掛かりました。

 

盤洗い2.jpg

盤洗い6.jpg 

 

 

 

 

 

 

9月には圧搾機に炉板・炉布のセットを完了して、

仕込みに備えます。

 

 

蒸し暑い季節の蔵内作業を終え、帰宅して、

冷蔵庫で冷やした「美酒爛漫生貯蔵酒」を飲んで、

  ホッと一息・・・リフレッシュ!

そろそろ土用のうなぎの時期ですね。           <s>

 

 

生貯300 うなぎ首掛付.jpg

 

                             

 

 

美酒爛漫 生貯蔵酒

    お求めはコチラから

 

 

 

 

 

 

ただ今、

ネットショップ開設一周年記念セール中!

 

 

 

 

 

コメントをする

まだまだ…

2009年06月30日

梅雨入りしたわりには、あまり雨も降らず

湯沢は爽やか~な天気が続いています (*^。^*)

 

続いていると言えば、

爛漫では、蔵の清掃がまだまだ続いています…

 

お酒を送るためのホースを
1本1本丁寧に、           

 ホース洗い3.jpg  長~いブラシで洗っています!

 

長~いホースにはスポンジを入れて

   
ホース洗い4.jpg
 
 水圧で押して
中を洗います!! 

 

そして、この機械は…


  ホース洗い.jpg ホースの中を 乾かします!!

 

こんな機械もあるんですね~!


おいしいお酒を造るのに、
大事な役割を果たしてマス (^^)/
 

こうして蔵の中は秋からの酒造りに向けて準備が進んでいます。

 

6月は観光シーズンということで、爛漫にも沢山の

見学の
方がいらっしゃってます。

蔵の中をキレイに清掃して気持ちよく見学していただきたいと

社員一同心掛けています。

 

この時期、酒造りは見られませんが、大きなタンク、機械、

そして…、

何と言っても “おいしいお酒” の試飲を
楽しんで頂きたい!

と思っています <(_ _)>

 

 見学希望の方は コチラ!! から  (^^)/~~~


        

       

        本日快晴♪ 

    IMG_3421.jpg

先日植えた会社の前の花もキレイに咲いてますよ~☆彡

<m>

 

 

 

 

 

 

 

コメントをする

袋取りの準備中です。

2009年06月17日

梅雨入りはしましたが…、

毎日、晴天が続いていて気持ち良いです。

暑すぎず、寒すぎず、冷暖房もいらない過ごしやすい季節です。

 

御嶽蔵の4階では、

製造課の女性社員がミシンがけをしています。



酒袋.jpg 

何を縫っているのかというと、

12月~2月に出来る

“無濾過大吟醸酒”を絞る為の

さらしの
“袋” です。

酒造りが始まる前の夏のうちに準備しておきます。

さらしを27×100cm位の袋状に縫い、
糸も丈夫なカタン糸を使います。

酒袋2.jpg

毎年作っていますが、

多いときには、140枚も使います。

使う前には釜で煮て、
布の匂いを十分に取ってから使います。

 

おいしいお酒を造るために、大事な下準備が必要なんですね ! 

 

酒袋5.jpg              

無濾過大吟醸を絞っている様子です。→→→

 

袋取りといって、熟成したモロミをその袋に入れて、
 
タンクの上に吊るし、
そこから滴り落ちてくるしずくを集めて
壜詰めします。

とても新鮮で貴重なお酒です。

 


酒袋4.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                               
使い終わった「さらしの袋」は、

清掃に使用するなどして、


有効に再利
用しています。

 

今年もおいしいお酒ができますように… (^^) 

<Y> 

 

 

コメントをする

ハイブリッド車!?

2009年06月10日

みなさんこんにちは (*^。^*)

 

我社にあるハイブリッド台車を紹介します!

ハイブリッド1.jpg

 

 

←←← 30年以上も使用しています (^u^)

 

 

重い荷物も楽々運べる

力強い味方です ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

ハイブリッド4.jpg

 

その名は…

『ハイタッカー』 

         →→→

後進、低速、高速の3段階の操作が出来ます。

 

現在2台あって、まだまだ現役で活躍中! (^^)v

 

 

ハイブリッド5.jpg

 

忙しい仕込みの季節になると、蒸米や酒粕などを運ぶのに大忙しです ^_^;

 

人力 + モーターの力で、約300kgまで荷物を載せることが出来ます (*^^)v

 

←←このような段差もなんのその !!楽に移動できます !(^^)!

 メンテナンスをし、大事にしてきたからこそ今でも使用できるんですねぇ。

 

これからもお世話になります <^!^>

 

ものを大切にする心が、らんまんの美味しいお酒造りにもつながっています。。。        

                                   <s>  

   

 

 

 

 

 

 

コメントをする

蔵内清掃中デス☆

2009年06月03日

今日の爛漫、蔵の清掃中!

秋から始まる仕込みに向けて、蔵内を丁寧に清掃します。

これもいいお酒を造るための、大事な大事な仕事です (^o^)

 

本多杜氏が丁寧にタンクを拭き掃除 (#^.^#)

またヨロシク~!と思いを込め1本1本丁寧に拭いています。

吟醸蔵掃除.jpg

 

その近くでは…、

タンクに熟成されているお酒を調合庫へ送っています。 

酒送りポンプ2.jpg

調合庫で、完成したお酒は壜詰され、出荷されます。

 

来月発売予定の 爛漫 『しぼりたて蔵囲い』も

只今準備中デス !(^^)!

      お楽しみに (*^。^*)

     蔵囲い2008〜.jpg

   まだまだ ご予約受付中 

<m>

 

 

 

 

コメントをする

メルボルンへ…

2009年05月29日

こんにちは~ (^^♪ 

いよいよ5月も終ります。ひと月は早いものです ^_^; 

 

さてさて、我社では…

爛漫を海外へ販売していますっっ!

ジャパニーズ 『SAKE!!』ですね…

 

その 爛漫醸300ml 詰めの様子をお伝えしたいと思います。。。

 

IMG_9907.jpg吟醸300ml

 

一本一本、丁寧に手でラベルを貼って
いきます…

これもなかなかの技術が必要で… ^_^; 

←←← 定位置へまっすぐ真ん中に…

      
  

IMG_9896.jpg


 

 

←←← 肩貼りも慎重に頑張ります!! 

 

 

 

 

IMG_9910.jpg

 

メルボルンで、このレッテル( らんまん吟醸酒 )が並び、みんなに愛飲されてるんだなァ…と思うと、

嬉しいかぎりです!!

 

 

 

らんまんがこれからもみなさんに
愛されるように、

気持ちを込めて頑張ります!!

海外でも愛飲さ
れている自慢の吟醸酒!!

        ネットでもお電話でもご注文承ります !(^^)! 

是非、ご賞味くださいねっ。 <R>

コメントをする

花植え

2009年05月27日

こんにちは~ (^^♪

今日は、久々にお日様が出てきて暖かい日差しです。

 

我社では毎年恒例の花植えをしました。

会社の周りほとんどすべてが、ベゴニアや、

インパチェンスの花々で包まれました ☆☆☆

花植え5.jpg

 

 

 

素敵です ☆彡 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花植え6.jpg

 

 

 

 

 会社の敷地内への移動は、

リフトやトラックで運びます。

花植え3.jpg

 

 

    

 

 

 

 

 

 

    

 


花植え2.jpg     




花植え4.jpg 

 

花があるって、

気持ちいいですねっ (^^♪

 

 

 

 

 

 

およそ300株の花達に

囲まれました。

 

花植え7.jpg

 

 

 

人の心をうるおす美しい花のように、

美酒爛漫も美味しいお酒を目指しています!!

 

今年の金賞酒は秋頃発売予定です。

是非味わってみて下さい!  <R>

 

 

 

 

 

 

コメントをする

金賞を受賞しました!

2009年05月22日

みなさん、こんにちは (*^。^*)

 

美酒爛漫「大吟醸酒」は、

独立行政法人酒類総合研究所主催

平成20酒造年度 全国新酒鑑評会に於いて

栄えある 金賞を受賞 いたしました !(^^)!

 

●当社金賞受賞酒

 杜氏   本多 正美 (山内杜氏)

 原料米  山田錦  精米歩合35%

 酵母   №24酵母

 成分   日本酒度+2.0  アルコール分17.7%

       酸度1.2     アミノ酸度0.9

 本多杜氏金賞1.jpg

← ← 金賞受賞の嬉しい知らせを聞き、喜びいっぱいの本多杜氏 (*^^)v

     

 

今春、高階杜氏からバトンタッチしたばかりの、若い杜氏さんです。

杜氏になって、初挑戦の今回の鑑評会で見事に金賞を受賞。 (^o^)/

昨年の高階杜氏の金賞受賞に続き、2年連続受賞 を果たしました!     

 

 

本多杜氏金賞2.jpg

 

結果報告を、真剣な表情で確認する本多杜氏 → →

 

杜氏の声…

『今回の受賞は、一人の力では成し遂げられないこと…

 チームワークが大切!』

 

これからも、爛漫の蔵人一丸となって、おいしい酒造りに励みます(^o^)丿 

 

 

金賞受賞酒は、今年の秋、発売予定です。

お楽しみに!!

 

                                      <s> 

コメントをする

新酒の香り…

2009年05月14日

こんにちは !(^^)!

 

ご見学の皆さまにおくつろぎいただく 『笑談室』 がある

御嶽蔵(みたけぐら)では、

12月から新酒の火入れ作業が行われており、

いよいよ今週は、事務棟までも

新酒の若々しい香りで包まれています <^!^>

 

 

火入れ4.jpg← ≪火入れ装置≫ 

新酒を加熱殺菌するための装置 

 

 

新酒の品質を損なわない

程度の65度前後まで

熱交換機で温度調整して

加熱殺菌します!

 

 

 

 

 

 

 火入れ2.jpg

← 火入れ装置で殺菌した新酒をホースでタンクに送っています。

このタンクの容量は65,000L !!

(一升壜で、約36,000本分)

 

今回はこのタンクに45,000L(25,000本)のお酒を送っています (^.^)

タンク1本満タンになるまでの時間は… 約4時間!

一日2本ずつ、火入れしていきます (^^ゞ

 

 

 火入れ3.jpg

 

 

 貯蔵タンク上部のマンホールは、昔ながらの和紙で糊付けし密封しています。

 

 

 

和紙には空気の濾過、雑菌の混入を防ぐ役割があり、繰り返し使用できる利点もあります (*^_^*)

 

 火入れ1.jpg

タンクの下の従業員、お分かりになりますか?(~o~)

 

私も階段を上がってタンク上部の方へ行って見ました。

5段ほど上がった辺りから、熱気が感じられました!

なんとタンク上部の温度は34度もあるそうです !(^^)!

この日はとても気温が低く寒い日でしたので、貯蔵庫上部はまるで常夏のようでしたよ (#^.^#)

     

            <S>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをする

造り仕舞い

2009年04月06日

 4月に入ってやっと湯沢も春らしくなってきました!

今日の湯沢は快晴デス☆

 

爛漫蔵元では、先週で仕込みが終わりました。

もう長い冬も終わりです!

 

     もろもみ2.jpg

 

最後の仕込みの様子です。

 

     添1.jpg

 

このタンクが今季最後の仕込みのタンク!

12,000ℓタンクです。(一升壜で約6,600本)

 

この日は“添”(そえ)と言い、3段仕込みの初日。

      (三段仕込みとは?↓↓↓

もろみ仕込み.jpg

 

今月終りにはお酒が出来上がります (^.^)/~~~

 

酒母室.jpg

酒母室はもうすべての仕込みが終り、

きれいに清掃中です。

出来上がったお酒は夏の間、

タンクの中で熟成しながら、秋を待ちます。

さぞかし美味しくなることでしょう (^^♪

 

爛漫玄関前に飾ってある”杉玉”も

かなり色づいてきました (^^)/

 

杉玉4 16.jpg

この杉玉がもっともっと茶色くなる頃には

お酒も熟成して、香りがまろやかになり、

味もとろ~りと、美味しくなっています。

 

爛漫では期間限定(7、8月)で

『本醸造 しぼりたて蔵囲い』を発売します。

   蔵囲い2008〜.jpg

気になる方は こちら から…

数量限定ですので、お早めにご予約を。 <(_ _)>

<m>._蔵囲い2008〜.jpg 

  

 


 

コメントをする

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ