美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別エントリー

8月21日、秋田県酒米生産流通対策協議会の現地検討会が

湯沢市で開催され、 

協議会の皆さんが現地を視察した後、

「美酒爛漫の蔵見学」に来てくださいました。

 

当日は30度以上の真夏日の暑い中、酒米を栽培している田んぼを視察されたので

皆さんお疲れのご様子でした。

いつもは、お出でになられたらすぐに見学していただくのですが、

「笑談室」で一休みしていただいてから見学していただきました。 

 

IMG_5801.jpg

   ↑↑↑ 秋田県酒米生産流通対策協議会の皆さん。

      湯沢市長さん(前列中央)もご一緒でした。

 

皆さん、一日、お疲れさまでした。

 

 

暑い日はキーンと冷やした『吟醸冷涼』の晩酌で、

疲れを癒して下さい。 (繭子)

 

 好評発売中! 詳しくは → → → こちら 

 


冷涼イメージ画像 1.jpg

 

 

 

 

コメントをする

暑い日が続きました。

気温が上がると鳥海山は雲に隠れてなかなか姿を現しません。

 

8月21日 7時40分 湯沢市倉内地区、文月橋から見た鳥海山。

気温が上がる前なので珍しく全容が見えました。

文月橋から2012.08.21.jpg

      

8月23日 18時20分 湯沢市山田地区、深堀から…夕焼けに包まれた鳥海山。

雲のベールを通した影絵も趣があります。 

鳥海山写真2012.08.23 深堀  .jpg   

8月24日 17時40分 羽後町三輪地区、柳田橋付近から・・・。

薄く頼りなげな姿です。 

鳥海山写真2012.08.24 柳田橋付近  .jpg   

秋田県内は、各地で30度を超す真夏日が続いています。 

連日の暑さで体がバテ気味ですが、暑い夏もあと少し!

来週の鳥海山をお楽しみに!

(撮影者:阿部) 

 

 

 美酒爛漫のおすすめ商品

  ★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラ から。 

 

 

コメントをする

お盆休み中は涼しい日が続き、もう秋?と思ったら

先週末からまた真夏日が続いています。

 

前回ご紹介
した、8月16~18日
『西馬音内盆踊り』の開催中に、
『美酒爛漫』の蔵見学に
お立ち寄りいただいた皆様を

ご紹介します!

 

美酒爛漫の近くにある ゆざわ温泉 さんからのご紹介で、

お越しいただきました
” 俳句の会 “ の方々です。
 

横浜市、千葉市、そして…、
遠い神戸市からの4名様です。

 
IMG_5793.jpg

俳句の会の方ということで、常にメモをお取りになられていました。

『爛漫』
で一句できたでしょうか?

 

 

こちらは、岩手からのご一行様!


 

IMG_5796.jpg

前日は、西馬音内へ盆踊りを見に行き、

翌日、蔵見学に見えました。

 

一眼レフカメラをお持ちでしたが、

頼まれて私が撮った写真は
ちゃんと撮れていたでしょうか…

 

 

そして、こちらは仙台市よりお越しの3名様!

 

IMG_5799.jpg

見学のご連絡をいただいた藤原様は、美酒倶楽部会員様です。

お連れのお二人も「美酒倶楽部」に加入して下さいました。

ありがとうございました。

 

 

蔵見学に来て下さった皆様には、

工場内、一部工事中のため、ご不便をおかけしましたが、 

 『 美酒倶楽部 』 へのご入会、

そして、「美酒爛漫」をお買い上げいただき、

ありがとうございました。

 

またのお越しをお待ちしております。   (繭子)

 

 

美酒爛漫 酒蔵見学ご希望の方は

           ↓ ↓ ↓

         こちら から

 

コメントをする

美酒爛漫の地元湯沢市の隣の「羽後町」で

8月16日~18日の3日間

『西馬音内(にしもない)盆踊り』が開催されています。

 

 

女性の踊り手が着る衣裳は、

「端縫い(はぬい)」と呼ばれ、『西馬音内盆踊り』特有の衣装です。

 

西馬音内盆踊り2012.1.jpg「西馬音内盆踊り」は踊り手の指先まで神経が行き届いた、しなやかな手の動きが特徴で、優雅さに魅了されます。

 

 

重要無形民俗文化財に指定されており、
 

子供の頃から踊りの輪の中に加わり、
やがて大人になって・・・と、

継承されています。


 

西馬音内盆踊り2012.5.jpg
西馬音内盆踊り2012.8.jpg

 

踊りの中に黒い覆面が見られますが、

「彦三(ひこさ)頭巾」と呼び、亡者を連想させるものです。

 

黒い覆面の踊り子が多く入っている情景は幻想的で、

夏祭りの夜は盛り上がります。

 

 

お祭りの後の暑い夜は、爛漫の冷酒で乾杯しましょう!

                ↓ ↓ ↓

                コチラ から。

コメントをする

8月7日、秋田県湯沢市で毎年恒例で30回目の「七夕健康マラソン大会」が行われました。

 

平日にもかかわらず、
県内外から約900人
のランナーが参加しました。

 

七夕マラソン 1.jpg

 

1996年開催のアトランタオリンピックの女子マラソン代表選手だった、

鹿角市出身の浅利純子さんもゲストランナーとして参加しました。

 

七夕マラソン 浅利選手.jpg

 

「七夕飾り」で彩られた湯沢の街並みを走るコースです。


 


七夕マラソン 爛漫小松選手.jpg

          
    ↑   ↑   ↑
  

毎年参加している、美酒爛漫 営業部の小松主任は、


5kmのコースを、20分30秒で走り、
前年
のタイムを40秒縮めました。

        

              

  

   

 

  美酒爛漫のおすすめ商品

   ★送料無料商品もあります!

      

   ↓ ↓ ↓

  詳しくは、コチラ から。

 

コメントをする

 

湯沢の七夕絵灯ろうまつりが、昨日5日から開催されています。

 

七夕2012絵灯篭 浴衣1.jpg

真夏日で暑い日でしたが、陽が落ちた夕方7時頃からは大勢の人が繰り出して賑わい始めました。

絵灯ろうにも明かりが灯され、浮世絵美人がいっそう幻想的に見えます。

 

 

美酒爛漫では酒屋さんの店頭をお借りして、5日と6日の2日間試飲即売会を開いています。


湯沢駅前通りの小川忠太郎商店さんと、


ジークブルガー通りの山田一平酒店さんです。

 


七夕2012.山田酒店 試飲1.jpg

七夕2012. 小川酒店 試飲 .jpg

 

即売所に立ち止まり、キーンと冷えた生貯蔵酒を味わうお客さんは口々に

 「うまい!」

 「やっぱり爛漫だよね!」

 「愛飲してるよ。」

と…、そんな暖かい言葉をたくさんいただき、昨日の即売会は無事終了しました。

 

今日も、同じ場所で試飲即売会を開き、皆さまのお越しをお待ちしています。

 

是非、お気軽にお立ち寄りください!!

 

 

七夕の思い出にキーンと冷えた『七夕絵灯ろうラベル 生貯蔵酒』は只今ネットショップで特別販売中です。

 

tanabata_2012.jpg

 

 

 

 

コメントをする

“みちのく湯沢”『七夕絵灯ろうまつり』 が、

8月5日~7日の3日間 開催されます。

 

約300年の歴史を持つお祭りで、

江戸時代に、京都から秋田藩 佐竹家にお輿入れされた姫君が、

京への郷愁を五色の短冊に託して飾りつけたのが

始まりとされています。

 

浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろうが、

街並を艶やかに彩ります。

 

 

現在、絵灯ろうまつりの準備で忙しい時期です。

写真は、和紙に描いた美人画を木枠に貼り付けているところです。

      ↓ ↓ ↓

 


七夕 準備 3.jpg

 

8月5日、6日の2日間 

美酒爛漫試飲即売会 を行います!

 

試飲即売会では、通常販売商品のほかに、

≪七夕絵灯ろう≫をラベルにした商品もご用意して

皆様のお越しをお待ちしております。

 

tanabata_2012.jpg 

≪七夕絵灯ろう≫ラベルは、期間限定で

ネットショップでも販売しております。

↓ ↓ ↓

 詳しくは、コチラ から。

 

 

 

コメントをする

 

鳥海山写真2012.08.4 深堀 1.jpg

              (撮影者 阿部)

 

8月4日 7時30分 気温約27度 

湯沢市深堀地区から見えた鳥海山です。

 

手前は枝豆畑。 

秋田県は、枝豆日本一を目指して生産・出荷に取り組んでいます。

http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1308788709531/index.html

 

     

 

 

七夕 前日1.jpg
七夕 前日 2.jpg

 

本日も快晴の湯沢市です。

いよいよ明日から、”湯沢七夕絵灯ろうまつり”が開催されます。

商店街も、 青竹に五色の短冊や吹流し等の七夕飾りの準備に

追われています。

 

 

 美酒爛漫のおすすめ商品

  ★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラ から。

 

 

コメントをする

 

鳥海山写真2012.08.3 .jpg

                       (撮影者 阿部)

 

8月3日 7時30分 気温27度

 

湯沢市バザール駐車場(湯沢市柳田八ツ口)から見えた

鳥海山です。

鳥海山の手前に、同じような形をした小さな山が見えます。

親子のようですね・・・

 

 

 美酒爛漫のおすすめ商品

  ★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラ から。 

コメントをする

 

鳥海山写真 2012.08.01.jpg

                  (撮影者 阿部)                   

 

8月1日朝7時半頃、羽後町三輪地区から見えた鳥海山です。

 

〝みちのく〟でも梅雨明けと同時に、連日最高気温を更新中!

撮影時の気温は約27度、今日も猛暑になりそうです。

 

田んぼの稲は、暑さに負けず順調に育っています。

 

 

日が暮れるのを待って、庭の花や野菜に〝水やり〟をします。

葉っぱに隠れていた虫も、水に驚いて飛び出してきました・・・

 

 美酒爛漫のおすすめ商品

  ★送料無料商品もあります!

  ↓ ↓ ↓

詳しくは、コチラ から。

コメントをする


 
 

先日ブログに登場していただいた柴田酒店さんからご紹介いただいた〝西馬音内でおいしいと評判の昆布巻屋さん〟佐忠商店さんにおじゃましました。

 

佐忠商店さんは、日本3大盆踊りのひとつに数えられる〝西馬音内(にしもない)盆踊り〟が開催される羽後町西馬音内で、明治37年から魚屋さんを営んでいたそうです。

30年近く前から鮮魚のほかに『自家製の昆布巻』も販売し始めて、今では昆布巻一筋の商いをされています。

 

佐忠商店さんの「昆布巻」は、丁寧に手でしめながら巻く昆布と、秘伝のタレが評判の人気商品で、にしん・鮭・比内地鶏・いわなの4種類があります。

 



昆布巻き盛り付け.jpgのサムネール画像 

「いわな」はさばくところからすべて手作りで、忙しい時には朝の3時から夜まで作業が続くそうです。

 

佐忠さん 作業風景jpg.jpgのサムネール画像

昆布巻き作業 奥さん.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に丁寧に、しめながら昆布を幾重にも巻き、特殊な鍋を使って秘伝のタレで半日以上も煮る〝まじめなものづくり〟は、酒造りにも通じるものがあると思いました。

 

作業が一段落したところで、おいしい昆布巻に合う「美酒爛漫」を飲み比べていただきました。

 

 

佐忠さん 夫婦試飲.jpg

 

飲み比べの結果、ご夫婦そろって 『純米酒 まなぐ凧』 を選ばれました。

しっかりとした味付けの「昆布巻」に、県内産あきたこまち100%使用の『まなぐ凧』がとてもよく合うとのことでした。

 

 

 『美酒倶楽部』に入会してくださった佐忠商店の皆さんと一緒に

               ↓↓↓ 

佐忠さん 美酒倶楽部.jpg

 

今日もまた素敵な出逢いがありました。

手作りにこだわり、自分の仕事に誇りを持って、なにより楽しく仕事をしている皆さんと知り合いになれて、とても有意義な1日を過ごすことができました。

 

                            (筆者:藤原)

 

 

 

今日の晩酌は、社長さん・奥さん、おふたりお薦めの

『純米酒まなぐ凧』です…

肴は、勿論佐忠商店さんの「昆布巻」です。 

 

IMG_5571.jpg

 

 

『純米酒 まなぐ凧』のご購入は → →  →  こちら  から。

 

 

 

美味しい昆布巻

  有限会社 佐忠商店

      秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字本町96

            TEL 0183-62-0767

              FAX 0183-62-0867

 

コメントをする

梅雨明けも間近か、爽やかな天気の湯沢市です。

今日は鳥海山も良く見えます。

  


鳥海山写真2012.07.19.jpg (平成24年7月19日 
みたけ蔵から定点観測 撮影時間8:15  撮影者 阿部  )

        

7月に蔵見学に来られた皆さまの中から、二組の方々をご紹介いたします!

 

IMG_5523.jpg

      14日に山形県からお越しのお客様 ↑ ↑ ↑

 

IMG_5526.jpg

        昨日、18日青森県よりお越しのお客様 ↑ ↑ ↑

 

 

見学後の試飲ではどちらの方々にも 『 純米ふなおろし 』 が人気でした!

 

山形から来られた皆さまは、夕方からの宴会の

「乾杯用に!!」 超特撰大吟醸原酒牡丹』 をご購入下さいました。

有難うございます。

楽しい宴会になったことと思います。

 

蔵見学にお越しいただき、ありがとうございました。

是非またお越し下さい!!

 

 

現在、「美酒爛漫の酒造り」はシーズンオフですが、

蔵見学は可能です。

お近くにお越しの際は是非、おいでください。

お待ちしております!

 

 「蔵見学」のお申込みは → → → こちら から

 

 

風呂敷プレゼント3.jpg山形からのお客様が乾杯用にと、ご購入くださった

『超特撰 大吟醸原酒牡丹』は、只今キャンペーン中です。

詳しくは→ → → こちら から

 

 

コメントをする

浅舞公園のあやめ祭り

2012年07月12日



美酒爛漫のある湯沢市の隣町、横手市平鹿町の浅舞公園で

「あやめ祭り」が開催されています。 

 

入口.JPG

 

浅舞公園は「あやめ園」とも言われ、80種3万株が植えられていて、

今は約50万本のあやめが咲き誇っています

 

群生.JPG

 

群生、ピンク.JPG群生2.JPG

 

紫や白、黄色などあやめ独特の淡い色合いがとても魅力的です。

 

あやめ紫.JPG



しろ.JPG

 

浅舞公園は国内でも有数の「あやめ公園」で、県内外から沢山の観光客が訪れます。

今日は、よさこい踊りなど、いろいろなイベントも開催され、屋台も並び賑わっていました。 

 

よさこい1.JPG

出店2.JPG

 

テレビで紹介されて全国的に有名になった、秋田名物「ババヘラアイス」のお店もありました。

「ババヘラアイス」は、国道沿いや祭りなどのイベント会場で見られるアイス売りで、お婆さん(ババ)がヘラでアイスをすくってコーンに盛り付けることから「ババヘラアイス」と呼ばれるようになりました。

今日のババさんは盛り付けが上手で、ピンクと黄色の二色のアイスでバラを作ってくれました。

  ババヘラ1.JPG   

      ↓↓↓ バラの形に盛り付けられた「ババヘラアイス」

ババヘラ3.jpg

 

浅舞公園には日本庭園があり、鯉が泳ぐ池もあって、涼を取るには打って付けの公園で、あやめ祭りが終わっても多くの人が訪れます。 

 


日本庭園.JPG 

 

 

今日は暑かったので、晩酌は冷やした吟醸生貯で一杯やります。

 

吟生720.jpg 

 美酒爛漫 吟醸生貯蔵酒はネットショップでお求めいただけます。

コメントをする

 

湯沢小売酒販組合の副理事長 柴田虎藏さんのお店を訪ねました。

 

日本3大盆踊りのひとつに数えられる〝西馬音内(にしもない)盆踊り〟が開催される町、羽後町西馬音内で100年近く酒屋さんを営む老舗です。

 

「柴田酒店」さん5代目の柴田昭さん(息子さん)にお話を伺いました。

  

柴田 昭さん.jpgのサムネール画像

昭さんは、20歳の時に家業を継いで17年になるそうです。 

はじめの頃は苦労したそうですが、今では仕事が楽しくて仕方がないと話してくださいました。

 

『こちらが売りたいお酒と、お客様が求めているお酒は違うことも多いので、お客さんの目線に立って商売をしています。

今では贈答品に使うお酒や、PB(プライベートブランド)酒など商品選びの相談を受けることも増えて、やりがいがあります』

と、お客様の身になっていろいろ考えて居られます。

 

 ※PB(プライベートブランド)酒とは、自分のお気に入りの絵や写真、メッセージなどでラベルを作って、オリジナルデザインのお酒を作ることです。ご自身の記念や贈り物にして大変喜ばれています。

 

 



柴田1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 
柴田酒店 店内.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柴田酒店さんに伺うと、奥様の典子さん、5代目昭さんがいつも笑顔で迎えてくださいます。

柴田酒店さんはとても雰囲気のよい、また訪ねたくなるお店です。

 

  

柴田酒店 前.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、柴田酒店さんから紹介された〝西馬音内でおいしいと評判の昆布巻屋さん〟にお邪魔して、昆布巻に合う美酒爛漫の呑みくらべをしてきました。

こちらの様子は次回お伝えしますので、お楽しみに。

 

 

 

 

 

今日の晩酌のおすすめは…柴田酒店5代目もおすすめの

      美酒爛漫 『吟醸冷涼』

 

旬のお刺身を肴に、冷やして1杯…  

 

冷涼イメージ画像 1.jpg  

              

 

 

 

柴田酒店 前.jpg
柴田酒店 前.jpg
 


コメントをする

 

湯沢市の東部を流れる皆瀬川で、7月1日「アユ釣り」が解禁され、

この日を待ちかねた多くの太公望がアユ釣りを楽しみました。

 

早朝から続々と瀬に入り、長い釣りざおを操り

狙いを定めて「おとりアユ」を泳がせ、

じっと〝当たり〟を待つ姿があちこちで見られました。

 

DSC00229.JPG

今年は水温が低いため、アユの動きが鈍く釣果はいまひとつ。

 

釣り上げたのはやや小ぶりで、 いずれも体長15センチ前後、釣果は多い人でも15匹前後で、解禁日にしては物足りない感じです。

 

DSC00235.JPG       ↑↑↑ 釣り上げた アユ

 

釣った後の楽しみは、なんといっても〝アユの塩焼き〟です!

 

P1060295.JPG 

旬の味に、美酒爛漫 『吟醸冷涼』 が進みます。

 

P1060301.JPG

 

 

美酒爛漫のロングセラー商品

「吟醸冷涼」

贈り物にも大人気です!!

只今、送料無料でお届けしています。

 

 

冷涼爛漫720ml .jpg 『吟醸冷涼セット』キャンペーンは → → → こちらから

 

★1本でも送料無料キャンペーン中!!

 詳しくは → → → こちら から

コメントをする

爽やかなお天気の湯沢市です。

鳥海山も青空に映えてキレイに見えます。

 


鳥海山写真2012.06.26.jpg (平成24年6月鳥海山第4号
みたけ蔵から定点観測 )

        平成24年6月26日/撮影時間8:20  撮影者 阿部 

 

 

 

みちのく湯沢市、三関地区で、


さくらんぼ佐藤錦)の出荷が
始まりました。

 

さくらんぼ2012.1.jpg

今年のさくらんぼは「色づき」も「甘み」も絶好調のようです。

 

さくらんぼ2012.2.jpg
 

 

さくらんぼ農家の皆さんが丹精込めて育てた「さくらんぼ」は

とっても美味しいです!

 

美酒爛漫は、地元生産者を応援しています。

 

 

 

 

美酒爛漫が丹精込めて造り、

徹底した温度管理の酒蔵の中で3年…

 

じっくりと熟成した『吟醸 完熟原酒』

ご好評をいただき、残りわずかとなりました。

 

ご購入は  → → → こちら から

 

美酒倶楽部.jpg
 

 

 

コメントをする

 


H24賞状.jpg 

平成23酒造年度「全国新酒鑑評会」が広島県で開催されました。

4月の予審、5月の決審と2度にわたる審査の結果、

美酒爛漫の『大吟醸酒』は〝金賞〟を受賞しました。

 

「全国新酒鑑評会」の開始は明治44年(1911年)、今年は通算100回目です。

現在では、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。

 

※審査員は、国税庁鑑定企画官、国税庁鑑定官室職員、地方公設醸造技術指導機関職員、日本酒造組合中央会の推薦を受けた清酒製造者、酒類総合研究所等で構成されています。

 

 

受賞した大吟醸酒は、

● 精米歩合40%(玄米を60%削った)の山田錦を100%使用しました。

 

H23 40%山田錦.jpg        ↑ 山田錦の玄米と精米歩合40%の白米 ↑ 

 

● 昨年の12月30日に、もろみを仕込みました。

 

醪櫂つき.jpg

             ↑ 櫂入れ作業 ↑

 

● 仕込み開始から約1ヶ月後の1月28日、木綿の酒袋にもろみを入れて「袋吊り」で搾りました。

 
H24吊り作業.jpg         ↑ 「袋吊り」作業 ↑   そして ↓↓↓

 

 ● もろみを入れて吊るした酒袋から自然に滴り落ちる雫を斗壜に集めます。 

 

H244滓引き.jpg 

 

今年は平年を上回る大雪と冷え込みに見舞われました。

原料処理やもろみの管理に苦労しましたが、爛漫流の低温長期醸造法によって、快い穏やかな香りふくらみのある味わい美酒に仕上がりました。

 


金賞720  平成24年.jpg美酒爛漫『金賞酒』はひと夏越して熟成した、

今年の秋に蔵元直送商品として数量限定で発売予定です。

 

販売開始まで、もう少しお待ちください。

 

        杜氏 本 多 -

 

 

 

 

コメントをする

シャクヤク05.jpg 

小野小町生誕の地とされる湯沢市小野にある「芍薬苑」では、今が見ごろの花盛りです。

 

小野小町がこよなく愛したといわれるシャクヤクが130種類、6000株も植えられていて、色も鮮やかに、とても綺麗に咲いています。

 

シャクヤク1.JPGビニールハウスの中なので、雨天でも楽しむことができます。

 

小野の「芍薬苑」は東北一と言われる大きさで、苗木の販売もしています。

 

 

 

  花の色は うつりにけりな いたづらに  

           わが身世にふる ながめせしまに

 

と小野小町は詠いました。

 

「芍薬苑」のシャクヤクは今月下旬まで、見ごろが続きます。

 

シャクヤク2.JPG 

 

今宵は平安に思いを馳せ

低温長期貯蔵酒 「吟醸 完熟原酒」 

                                   一杯やります!

美酒倶楽部.jpg

                    お求めはネットショップから!

コメントをする

美酒爛漫の地元、湯沢市は今日も快晴!

ここ数日は、夏のような暑さです。

鳥海山の雪も融けて青い稜線が目立ってきました。

 

 


鳥海山写真2012.06.15  2.jpg
 (平成24年6月鳥海山第3号
みたけ蔵から定点観測

       平成24年6月15日/撮影時間8:25  撮影者 阿部 )

 

 

 

昨年に続き、今年も「美酒爛漫」社員有志が自然栽培米(コシヒカリ)を作ります。

6月2日に田植えをしました。

 

自然栽培米は”食の安全を求めて”、農薬を使わず、手間と人手を掛けて育てます。

写真は、田んぼの草取りをしているところです。

 

田んぼ草取り2012.06.15.jpg
 

このところの好天に恵まれて、苗は元気に育っています。

 

 

暑い中での作業を終えた一日の疲れは、

「美酒爛漫」の晩酌で癒します。

 

今の季節にピッタリの≪吟醸生貯蔵酒≫は、

フルーティな香りと、
新鮮な
風味が特徴です。

 

≪吟醸生貯蔵酒≫



ginnamacho.jpg
ネットショップで、お得なキャンペーン中です!!

詳しくは コチラ からどうぞ ↓ ↓ ↓

http://www.ranman.co.jp/ranman/canpen/ginnamacho.html


 

 

コメントをする

晴天が続いて、毎日見える鳥海山から吹く風が

とっても気持ちが良いです!!

  鳥海山写真2012.06.12.jpg


 (平成24年6月鳥海山第3号 みたけ蔵から定点観測

       平成24年6月12日/撮影時間8:25  撮影者 阿部 )

 

 

今日は、山形から13名の方が酒蔵見学に来て下さいました。

 


見学者2012.06.12.jpg
 


見学の後には、「笑談室」で試飲もしていただき、

『無疆爛漫』が大人気でした☆

沢山お買上げいただき、ありがとうございました。

 

今の季節は、≪酒造り≫はシーズンオフですが、

見学は通年受け付けています。

お近くに来た際は、是非お立ち寄りください。  

酒蔵見学のお申込みは → → → こちら 

 

本日、大人気だった『無疆爛漫』は、6月末日まで

「あきたこまち500g付」キャンペーン中です!!

        ↓ ↓ ↓

  詳しくは こちら から

 

 
無疆爛漫1.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 

 

 

コメントをする

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ