美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別エントリー

美酒爛漫の大吟醸酒造り ~洗米、浸漬(しんせき)~

2009年12月30日

今日は、先日精米したあとの「枯らし」を終えた、山田錦(精米歩合40%)の洗米と浸漬(しんせき)です。

 

洗米は、精米後の白米に付着している「糠(ぬか)」を取り除くために行います。

 

洗米を始める合図の、秒読みの大きな声が釜場に響きます。

 

カウントダウンで、0(ゼロ)の声と同時に、

(ざる)入った白米を水に入れて洗米作業開始です。  

 

CIMG0195.JPG

ストップウオッチを見ながらの仕事です。

 

30秒経過、1分経過~ 

予定時間に洗米を終えると、米が水から離れないよう、直ぐに水を張った浸漬用の容器に入れます

 

 

浸漬(しんせき)とは、白米の中心まで水を吸収させるために、水に漬けておくことです。

目的は、次の工程で、蒸した米の糖化作用を助けるためです。

 CIMG0172.JPG

 

CIMG0174.JPG

 

目標値の吸水率になる頃を見計らって、容器から取り上げ水切りをします。

※吸水率は、米粒内部に吸収される水の量を%で表したものです。 

 

今日は、洗米から水切りまでの時間が11分50秒で目標値の吸水率になりました。

 

 

 

美酒爛漫では(こうじ)用の白米は浸漬の後、布の上に広げて表面をほんの少し乾燥気味にします

 

CIMG0138 (2).JPG

こうすることで、(こうじ)に最適な蒸米をつくる事ができます。

 

 

一、麹(こうじ) 二、もと 三、造り

大吟醸酒の仕込みは全て手作業で、

蔵人が手間暇を掛けて造ります。

 

その成果を美酒爛漫大吟醸酒でお確かめ下さい。

                                

                       (蔵元案内人 飯塚)

 

 

 

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ