美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別エントリー

美酒爛漫の大吟醸造り~醪(もろみ)仕込み

2011年02月18日

 

酒造りは

  一、麹(こうじ)

  二、もと(酒母) 

  三、造り(もろみ)

が重要な要素であり、工程の順番を表わしています。

 

今日は、三番目の造り(もろみ)についてご案内致します。 

もろみ(醪)の仕込みは、三段仕込みと呼ばれ、

3回に分けて仕込みを行います。

 

 1日目は 初添(はつぞえ)

 2日目は 踊り(おどり)と呼ばれ、

       酵母の増殖をはかる為の中休みの日です。

 3日目は 仲添(なかぞえ)

 4日目は 留添(とめそえ)

と、段々と仕込みの量を多くしていき、

4日間かけて仕込みを行います。

 

 

今日は最初の工程、

 【初添の仕込み】です。

 

早朝、酒母と麹と仕込水を仕込タンクに入れます。

 仕込タンクの中.jpg

 

炊きあがった蒸米は、蔵人の手で掘り出され

計量の後に仕込蔵に運ばれます。

 蒸米計量.jpg

 

蒸米は、温度を下げる為、布の上に素早く広げます。

 

蒸米をさます.jpg

 

最適な温度まで冷まされた蒸米を、酒母と麹と仕込水が入った仕込タンクに入れて、酒母と麹と蒸米が、タンクの中で良く混ざり合うように櫂入れ(かいいれ)を行い、初添(はつぞえ)の仕込みを終えます。

 

櫂付.jpg

  ※櫂入れ(かいいれ)・・・櫂棒という道具で攪拌する作業です。

 

 

蒸米が、目標値より多く水分を吸収すると仕込温度は低くします。

逆に少ない水分だと高い温度で仕込みます。

今日は、低い温度で仕込みました。

 

仕込まれた醪(もろみ)は、毎日の品温管理と化学的分析による成分管理で、最高の美酒になるように大切に育てられます。

 分析.jpg

 

 

初添仕込みから33日後、

蔵の中に大吟醸酒特有のフルーティな香りが漂よいます。

醪(もろみ)の仕上がりです。

 

翌日の上槽(じょうそう)を待ちます。

  ※上槽(じょうそう)・・・清酒と酒粕に分ける操作です。

 

美酒爛漫の大吟醸酒は、全ての作業に惜しみなく時間と手間を掛けて造ります。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒 は

  杜氏と蔵人の和で醸しだされます。

 

                              杜氏 本多

 

 

 

 

 

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ