美酒爛漫 秋田銘醸株式会社

カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別エントリー

美酒爛漫の大吟醸造り~上槽

2011年04月08日

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

         東日本大震災の被害を受けられた皆さまに

                    心よりお見舞いを申し上げます

 

        皆さまのご健康と安全を

   また 被災された地域の一日も早い復興を

       社員一同 お祈りしております

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

美酒爛漫の大吟醸造り~上槽

 

大吟醸酒のもろみも順調に発酵が進み

今日は上槽(じょうそう)についてご案内します。

※上槽は、もろみを清酒と酒粕に分ける作業です。

 

通常は自動圧搾機を使いますが

大吟醸酒には、昔ながらの酒槽(さかぶね)

袋吊り(ふくろつり)という2つの方法で作業を進めます。

 

 

【酒槽】を使う上槽

もろみを入れた小袋を、酒槽の中に積み重ねて入れ、

加圧して搾る方法です。

 

①熟練した蔵人が、丁寧に小袋を積み重ねます。

   小袋を並べる.jpg     

②翌日、時間を掛けて徐々に加圧して行きます。

 

槽.jpg

               加圧中の酒槽(さかぶね)

 

③3日目には、槽直し(ふねなおし)と言って、小袋を積み替えて加圧します。

 

加圧の強さ、タイミングにより、香味が異なるため

搾り終わるまで、4日間を要します。

 

呑みタンクから.jpg    槽口(ふなくち)からタレ桶(タンク)に流れ出る、

    フルーティな香りのする大吟醸酒の誕生です。

 

【袋吊り】ふくろつり

もろみを入れた酒袋をタンクの上に吊るして、

自然に滴り落ちる雫をタンクの底に集めます。

 

大吟醸酒特有のフルーティな香りを逃がさないよう、

スピードが鍵を握るため、30代、40代の働き盛りの

蔵人が作業にあたります。

 

吊り作業.jpg

                袋吊り作業風景

 

袋から滴り落ちる雫がタンクの底に溜ってきたら

(のみ=タンクの排出栓)を開きます。

 

最初は白く濁っていた大吟醸酒も

だんだんと澄んできます。

これを斗瓶(とびん)と呼ばれる18リットル入りのガラス瓶にとります。

 

滓引き(おりひき)

数日すると、斗瓶の底に滓(おり)が沈むので

その上澄みだけを一升壜に詰めます。

 

滓引き.jpg 

最高の美酒 「無濾過大吟醸しぼりたて」 の誕生です。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒は

全ての作業に時間と手間を惜しみなく掛けた

杜氏と蔵人のこだわりと和が生きています。

 

最高の 美酒爛漫大吟醸酒 を、是非お楽しみください。

 

                          杜氏 本多

  

 

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。

お問い合わせ・ご注文

お電話でのご注文は

0183-73-3161

[受付時間]
9:00〜16:00(平日のみ)

FAXでのご注文は

0183-72-3247

Emailでのお問い合わせ