カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別エントリー

 

酒粕料理ほか レシピ集の最近のブログ記事

11月1日は「焼酎の日」

2017年11月 1日

11月1日は、焼酎の日。

美酒爛漫のカストリ焼酎を使って初挑戦した手作り「黒糖梅酒」の解禁日に決めました。

 

美酒爛漫では、日本酒のほかにもおいしい焼酎をいろいろ造っています。

その中から「カストリ焼酎」を使って、6月初旬に「梅酒作り」に初挑戦しました。

  

梅酒作りには、青くて固い青梅が出まわる5月から6月初めごろが最適だそうですが、思い立ったのが6月に入ってからなので、梅は少し赤みを帯びて、ほんのり甘い香りがしていました。

また、「梅酒作り」には、アルコール度数が高いほうが失敗が少ないといわれてますが、どうしても上質な酒粕から作った"美酒爛漫"のカストリ焼酎"で作ってみたくての挑戦!

初心者には少々ハードルが高いスタートです。

 

さらに、黒糖梅酒が好きな私は、身のほどしらずにも自己流で黒糖梅酒を作ることにしました。

お揃い.JPG

瓶を熱湯で煮沸消毒します。

青梅を流水で洗い、1~2 時間水に浸け「あく抜き」をします。

 ※渋みが残らないよう少し長めに浸けておきました。

水梅酒.JPG

あく抜きがすんだら、ひとつひとつ丁寧に拭き、竹串で青梅のヘタを取りました。

  ※へたを取らないと、梅酒にエグ味が出てしまいます。

ヘタ取りがすんだら、瓶に青梅と黒糖を並べて入れていきます。

IMG_1055.JPG

IMG_1056.JPG

IMG_1058.JPG⑤ カストリ焼酎を注ぎ入れて終了。  

IMG_1060.JPG

 

次の日には〝ほんのり〟と色づき、いい感じに見えます。

あとは美味しくなるように祈るだけです。

 

 

本日、いよいよ解禁日。 

IMG_1069.JPG

IMG_1070.JPG

 

昨晩、一口だけ味見をしたら、黒糖のうま味が焼酎をまろやかにして、優しい味の黒糖梅酒に仕上がってました。手前味噌ですがとても美味しくできました。大成功です!

特別なことは何もしていないのに、こんなに美味しくできたのは美酒爛漫「カストリ焼酎」のおかげですね。

 

いつもは日本酒に合わせて料理を楽しんでいますが、梅酒には何が合うのかとあれこれ思案...

ポテトサラダと梅酒が合うという話を聞き、さっそく作ってみました。

生昆布(サラダ昆布)の和え煮物と、普段のポテトサラダにモッツァレラチーズをちょっと入れて...

梅酒 ロック.jpeg

 

どちらも、"美酒爛漫カストリ焼酎"で作った黒糖梅酒によく合いました。

昨日は夜宮...味見の一口だけでしたので、今夜がとても楽しみです。

 

(藤原里実 記) 

 

 

 

   

 

[ 関連タグ] :

 

 スーパーで小松菜が安かったので、

この時期ならではの酒粕を使って、

シーチキン和えを作ってみました。

 

レシピは簡単です。

酒粕(20g)と、水(40cc)を用意したら、

小鍋に入れて、温めながら溶かします。

 

粕料理1.jpg

2~3分ぐらいで、甘い酒の香りと共に、溶けはじめます。

 

粕料理2.jpg

酒粕を煮溶かしている間に、

沸騰したお湯に塩を適量入れて、

小松菜2パックを茹でておきます。 (3~4分です。)

 

粕料理 3.jpg小鍋で溶いた酒粕は、荒熱を取りながら、

味噌(大さじ2)と、砂糖(少々)を混ぜます。

 

粕料理 4.jpg

茹であがった小松菜は、冷水で洗い、

水気を絞って、3~4㎝ぐらいの大きさに切ります。

彩りに人参の千切りとコーンを入れました。

 ※人参(4分の1本)、コーン缶詰(お好み量)

 

粕料理 5.jpg最後に、シーチキン(1缶)と酒粕をまぜたベースに、

小松菜を混ぜ合わせて、出来上がりです。

 

粕料理 6.jpg

小鉢に盛り付けて完成!

 

粕料理 7.jpg

 

小松菜はアクが少なく、味もクセがないので、

幅広い料理に使われています。

栄養分も豊富で、鉄分はホウレン草の約2倍とも

言われています。

さらに栄養豊富な〝酒粕〟を一緒にして、

美味しく食べて、美容健康に最適な一品が出来ました。

 

普段の和え物に酒粕を入れることで、

ふわっとした酒粕の香りがして、

濃厚でマイルドな口当たりになりました。

食べた後は、身体がポカポカしてきます。

 

お酒のおつまみにもどうぞ!! 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

先日テレビを見ていたら

『酒粕入り豚汁』を作って食べていたので、

これは私でもできる簡単レシピ!と思い、

さっそく作ってみました。



作り方はいたって簡単!

image-5.jpeg家にある材料で

豚汁をいつものように作ります...

材料は玉ねぎ、人参、ごぼう、じゃがいも、

そして、もちろん豚肉です。

image-4.jpeg味噌を入れる前に

「酒粕」を溶かしながら入れます...

image-3.jpegきれいな白になりました~!

(私は酒粕を30gほど入れてみました。)

image-2.jpegそして最後に味噌を加えて、出来上がりです!


テレビでは、最後に「酒粕」を

そのまま鍋に入れて溶かしていましたが...

わが家には粕汁が苦手な人がいるし、

子供も食べるしと思って、

味噌を入れる前に「酒粕」を入れてみました。

image.jpegそして、酒粕入りとは言わずに食卓へ...

みんな『おいし~』と言って食べてくれました。


普通の豚汁よりもコクがあり、そしてあったまる~

体がポカポカになりました。


寒い時期にはピッタリです!

皆さんもぜひ試してみてください。

 

[ 関連タグ] :

 

2月14日はバレンタインデー

娘が「友チョコ パイ」を手作りするというので、私も爛漫の『酒粕』を使ってパイを作ってみました。

 

作り方はいたって簡単です。

 

酒粕パイ 1.jpg

 

市販の冷凍パイシートを12等分に切って、少し伸ばし『酒粕』を置きます。

その上にパイ生地を重ねて『酒粕』を包みます。

 

周りをフォークで止めて、水で溶いた黄卵を塗り、

200℃のオーブンで約20分くらい焼きます。 

   

酒粕パイ 1.5.jpg

 

温かいうちにグラニュー糖をふりかけて出来上がり!

   

酒粕パイ 2.jpg

 

 

パイのバター風味にチーズのようなコクが出て、中はしっとりとしてサクサクした食感が美味しいですよ。

お酒好きな甘党の方にピッタリです。

 

是非、作ってみてください。

 ※『酒粕』の量はお好みで。

 

簡単なので、お薦めです!

 

           (留美子 記)  

 

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

先日、会社に届いた一枚の葉書...

毎日酒粕を食べている方からのお便りで、

美味しい酒粕の食べ方が書いてありました・・・

ということで、早速試してみました!

IMG_7363.jpg

食べ方はいたってシンプル!

納豆に酒粕を入れるだけという

私にピッタリ簡単メニュー

IMG_7366.jpg

我が家の朝ごはんに・・・

IMG_7367.jpg納豆の味と酒粕の味がバランスよく味わえる一品! 想像したよりも、かなり合う~!! 家族にも大好評でした。

IMG_7380.jpg

是非、皆さんも試してみては?

酒粕 大吟醸2キロ.jpg

 

[ 関連タグ] :

 

7月に入り、暑い日が続いているここ湯沢市

こんなに暑いとさっぱりした飲み物が飲みたくなります・・・

  焼酎 ハイボール1.jpg

爛漫 本格焼酎『琥珀の泉』をソーダで割って

焼酎ハイボールにしてみました。

 

爛漫『琥珀の泉』はウイスキーを仕込むオーク樽で熟成貯蔵させた本格焼酎で

香りが深くまろやかな味わいです。

 

ほんのりとした日本酒の風味が旬の料理にとても良く合います。

 

焼酎 ハイボール2.jpg

自宅で採れたきゅうりとおくらをつまみに・・・

一気に飲んじゃいそうです。

これはかなりイケますよ!!

 

       お求めはこちらから → → → 琥珀の泉

 

琥珀の泉 new.jpg 

 

 

[ 関連タグ] :

 

2月に入り雪も落ち着きホッとしています。

連日の雪かきで、体もクタクタです。

疲れた時には甘いものが食べたくなります。

そこで"酒粕"を使って「酒まんじゅう」を作ることにしました。

酒粕まんじゅう 1.jpg

まんじゅうの皮を作る時に「美酒爛漫」の "お酒と酒粕" を混ぜました。

分量はお好みですが、私は15~16個分の皮の材料で薄力粉100g

お酒40㏄、酒粕(板粕)30g、砂糖100g、膨張剤3gを入れました。

≪作り方の手順≫

①板粕を細かく刻んで日本酒で溶き、そのなかに砂糖を入れて

  混ぜ合わせます。

②薄力粉のなかに①を入れて混ぜて、生地をつくります。

③あんこを生地で包み、蒸しあげて出来上がりです。

口に入れると、ほんのり酒の香りがする、ふっくら美味しい『酒まんじゅう』が出来上がりました。

お酒好きの甘党派には、お薦めです。

 

[ 関連タグ] :

 

定番のジャガイモ料理 『 ポテトサラダ 』 に酒粕を入れてみました。

(今回はじゃがいも中4~5個に対して、30g程の板粕を使いました)

板粕をこまかく刻んで、少量のお湯を加えレンジにかけます。

ペースト状ではなく、半分荒粒の粕が残る位でジャガイモに混ぜました。

まろやかな食感とチーズの様なコクがでて、旨味が増しました。

ジャガイモと色が似ているのと、スライスした玉ねぎの塩もみを入れたことで、酒粕はあまり気になりませんでした。

酒粕の風味をもう少し味わいたい方は、分量を増やしても良いかもしれません。

酒粕サラダ.jpg

作り方は簡単です!

ただし酒粕を入れるタイミングは、アツアツのうちに・・・です。

茹でたジャガイモと卵をつぶして味をつけ、具を入れる前が良いです。

色どりに、人参を入れても良いですね。

『 ポテトサラダ 』 に酒粕を加えると、マイルドな口当たりになりました。

さらに酒粕はアミノ酸、たんぱく質、食物繊維などの栄養素が豊富なので、美容と健康にもつながる定番料理 『 酒粕入りポテトサラダ 』 はオススメです。

板粕2kg .jpg

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。