カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2011年3月   »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別エントリー

 

2011年3月アーカイブ

 

         東日本大震災の被害を受けられた皆さまに

                    心よりお見舞いを申し上げます

 

        皆さまのご健康と安全を

   また 被災された地域の一日も早い復興を

       社員一同 お祈りしております

 

 

酒造りは

  一、麹(こうじ)

  二、もと(酒母) 

  三、造り(もろみ)

が重要な要素であり、工程の順番を表わしています。

 

今日は、三番目の造り(もろみ)についてご案内致します。 

もろみ(醪)の仕込みは、三段仕込みと呼ばれ、

3回に分けて行います。

 

 1日目は 初添(はつぞえ)

 2日目は 踊り(おどり)と呼ばれ、

       酵母の増殖をはかる為の中休みの日です。

 3日目は 仲添(なかぞえ)

 4日目は 留添(とめそえ)

と、段々と仕込みの量を多くしていき

4日間かけて仕込みます。

 

 

今日は2日目~4日目

 【踊り】【仲添・留添の仕込み】をご紹介します。

 

【踊り】

「初添仕込み」の翌日、酵母の増殖を進めるため、

仕込みを一日休みます。

踊り過ぎると(増殖が良く進むと)発酵が進みやすくなり

「湧き進み型」の醪(もろみ)経過になります。

逆に遅れ気味になると「湧き遅れ型」の醪(もろみ)になります。

今日はタンク一面に『筋泡』と呼ばれる泡ができ

湧き進み型になりましたので、仕込温度を調節します。

 

筋泡.jpg

          ↑ 醪の表面に『筋泡』ができました。

 

 

【水麹(みずこうじ)】

麹の酵素を仕込みタンクに溶出させる為

早朝、仕込みタンクに麹と仕込み水を入れて、

良く混ざり合うように櫂入れ(かいいれ)を行い

蒸米の出来上がりを待ちます。

 

仕込み作業2.jpg

         ↑ 仕込みタンクに麹を投入しています。

 

 

【仲添・留添仕込み】

「酒母」と「初添」仕込みの際は、

蒸米を布の上に広げて自然放冷で温度を下げましたが、

「仲添」と「留添」仕込みの蒸米は量が多い為、放冷機を使用します。

 

炊きあがった蒸米を計量した後、放冷機に入れます。

蒸米は放冷機の内部で固まりを解して

最適な温度まで冷まします。

 

蒸し.jpg

     ↑ 蒸米が放冷機の中で解されながら冷却されます。

 

 

蒸米を蔵人が仕込蔵に運んで仕込みます。

 

仕込みタンクに蒸米を入れて

櫂入れと検温を幾度も繰り返して、仕込み作業が終わります。

 

仕込み作業.jpg

       ↑ 醪が良く混ざり合うように櫂入れをします。

 

「留添」仕込みから5時間後、

濁っていた醪(もろみ)の表面が澄んできました。

 

仲添え.jpg

 

仕込温度が低いと醪日数は長くなり、高いと短くなります。

通常の酒の醪発酵に要する日数は20日位ですが、

大吟醸酒は低温で30日以上掛けてゆっくり発酵させます。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒は全ての作業に惜しみなく、

時間と手間をかけて造ります。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒 は

 杜氏と蔵人のこだわりで醸しだされます。

 

 

                         杜氏 本多

 

 

 

 

 

 

美酒爛漫の地元みちのく湯沢も、

屋根を滴り落ちる雪解け水に、春の訪れを感じます。

 

雪解けが進むにつれて、

屋根や道路のガードレールがゆがんだり、壊れたりした、

豪雪の爪あとがむき出しになってきました。

 

 

 

先日、子供たちと一緒に

湯沢市の伝統「まなぐ凧」作りに参加してきました。

 

江戸時代、元禄年間からの歴史があり、

特徴は、

 ①骨組が縦骨1本に横骨だけで構造が簡単

 ②シッポがない

 ③吊り糸が一直線で微妙な操作ができる

などですが、

図柄は、湯沢独特のもので、

墨一色で描かれた、まなぐ(目玉)が異彩を放ち、

とても印象的です。

 

まず最初は、

準備した和紙に鉛筆で見本を下にして、枠取りします。

 

P1010858.jpg

次に、指導を受けながら、書道のように筆で『まなぐ凧』を書いていきます。 

P1010860.jpg

 

P1010859.jpg

「春風」は自筆、自己流の文字で...

   完成です!!

 

まなぐ凧.jpg

 

上手に出来ました。

「凧上げ大会」が楽しみです。

 

 

美酒爛漫では、

この『まなぐ凧』をラベルにした商品、

「純米酒 まなぐ凧」が皆様に好評です。

 

managutako_02.jpg

 

原料米は秋田県湯沢雄勝産。

契約栽培で生産履歴がはっきりわかる

「あきたこまち」を100%使用しています。

 

〝まるごと秋田〟で安心、安全なお酒

 「純米酒 まなぐ凧」

只今ネットショップでお得なキャンペーン中!

 

お求めは、こちらから ↓ ↓ ↓

 https://www.ranman.co.jp/ec/product/productlist.php?categoryid=4

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

  • 1

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。