カテゴリー

最新エントリー

カレンダー

«   2011年2月   »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別エントリー

 

2011年2月アーカイブ

平成23年2月第5号

鳥海山 写真23.2.28.jpg 

平成23年2月28日/気温5度/撮影時間15:50

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

平成23年2月第4号

鳥海山写真 11.2.23.jpg 

平成23年2月23日/気温5度/撮影時間15:20

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

平成23年2月第3号

鳥海山 写真23.2.22.jpg 

平成23年2月22日/気温4度/撮影時間13:15

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

平成23年2月第2号

 

鳥海山 写真2011.2.21.jpg平成23年2月21日/気温-5度/撮影時間7:55

撮影者 阿部

 

 

板粕2kg .jpg※NHKテレビ「ためしてガッテン」でも取り上げられて、話題になりました「酒粕」はこちらから

http://www.ranman.co.jp/ranman/product/productdetail.php?productid=665100&page=1

 

 

 

 

 

[ 関連タグ] :

 

 

酒造りは

  一、麹(こうじ)

  二、もと(酒母) 

  三、造り(もろみ)

が重要な要素であり、工程の順番を表わしています。

 

今日は、三番目の造り(もろみ)についてご案内致します。 

もろみ(醪)の仕込みは、三段仕込みと呼ばれ、

3回に分けて仕込みを行います。

 

 1日目は 初添(はつぞえ)

 2日目は 踊り(おどり)と呼ばれ、

       酵母の増殖をはかる為の中休みの日です。

 3日目は 仲添(なかぞえ)

 4日目は 留添(とめそえ)

と、段々と仕込みの量を多くしていき、

4日間かけて仕込みを行います。

 

 

今日は最初の工程、

 【初添の仕込み】です。

 

早朝、酒母と麹と仕込水を仕込タンクに入れます。

 仕込タンクの中.jpg

 

炊きあがった蒸米は、蔵人の手で掘り出され

計量の後に仕込蔵に運ばれます。

 蒸米計量.jpg

 

蒸米は、温度を下げる為、布の上に素早く広げます。

 

蒸米をさます.jpg

 

最適な温度まで冷まされた蒸米を、酒母と麹と仕込水が入った仕込タンクに入れて、酒母と麹と蒸米が、タンクの中で良く混ざり合うように櫂入れ(かいいれ)を行い、初添(はつぞえ)の仕込みを終えます。

 

櫂付.jpg

  ※櫂入れ(かいいれ)・・・櫂棒という道具で攪拌する作業です。

 

 

蒸米が、目標値より多く水分を吸収すると仕込温度は低くします。

逆に少ない水分だと高い温度で仕込みます。

今日は、低い温度で仕込みました。

 

仕込まれた醪(もろみ)は、毎日の品温管理と化学的分析による成分管理で、最高の美酒になるように大切に育てられます。

 分析.jpg

 

 

初添仕込みから33日後、

蔵の中に大吟醸酒特有のフルーティな香りが漂よいます。

醪(もろみ)の仕上がりです。

 

翌日の上槽(じょうそう)を待ちます。

  ※上槽(じょうそう)・・・清酒と酒粕に分ける操作です。

 

美酒爛漫の大吟醸酒は、全ての作業に惜しみなく時間と手間を掛けて造ります。

 

 

美酒爛漫の大吟醸酒 は

  杜氏と蔵人の和で醸しだされます。

 

                              杜氏 本多

 

 

 

 

 

 

 

2月に入り雪も落ち着きホッとしています。

連日の雪かきで、体もクタクタです。

疲れた時には甘いものが食べたくなります。

そこで"酒粕"を使って「酒まんじゅう」を作ることにしました。

酒粕まんじゅう 1.jpg

まんじゅうの皮を作る時に「美酒爛漫」の "お酒と酒粕" を混ぜました。

分量はお好みですが、私は15~16個分の皮の材料で薄力粉100g

お酒40㏄、酒粕(板粕)30g、砂糖100g、膨張剤3gを入れました。

≪作り方の手順≫

①板粕を細かく刻んで日本酒で溶き、そのなかに砂糖を入れて

  混ぜ合わせます。

②薄力粉のなかに①を入れて混ぜて、生地をつくります。

③あんこを生地で包み、蒸しあげて出来上がりです。

口に入れると、ほんのり酒の香りがする、ふっくら美味しい『酒まんじゅう』が出来上がりました。

お酒好きの甘党派には、お薦めです。

 

[ 関連タグ] :

 

定番のジャガイモ料理 『 ポテトサラダ 』 に酒粕を入れてみました。

(今回はじゃがいも中4~5個に対して、30g程の板粕を使いました)

板粕をこまかく刻んで、少量のお湯を加えレンジにかけます。

ペースト状ではなく、半分荒粒の粕が残る位でジャガイモに混ぜました。

まろやかな食感とチーズの様なコクがでて、旨味が増しました。

ジャガイモと色が似ているのと、スライスした玉ねぎの塩もみを入れたことで、酒粕はあまり気になりませんでした。

酒粕の風味をもう少し味わいたい方は、分量を増やしても良いかもしれません。

酒粕サラダ.jpg

作り方は簡単です!

ただし酒粕を入れるタイミングは、アツアツのうちに・・・です。

茹でたジャガイモと卵をつぶして味をつけ、具を入れる前が良いです。

色どりに、人参を入れても良いですね。

『 ポテトサラダ 』 に酒粕を加えると、マイルドな口当たりになりました。

さらに酒粕はアミノ酸、たんぱく質、食物繊維などの栄養素が豊富なので、美容と健康にもつながる定番料理 『 酒粕入りポテトサラダ 』 はオススメです。

板粕2kg .jpg

 

[ 関連タグ] :

 

2月に入り立春も過ぎて、雪はだいぶ落ち着いてきました。

寒さは続きますが、春の訪れを感じます。

酒粕料理、3日目は『酒粕入りチーズ揚げ』をご紹介します。

【酒粕入りチーズ揚げ】

作り方:

 【酒粕】(お好みの量)を手でちぎり、とろけるチーズではさみます。

 次に市販のピザソースを塗って、餃子の皮で包みます。

 あとは油で揚げるだけ。

 超簡単!

酒粕餃子1.jpg

酒粕餃子2.jpg

お酒のおつまみにぴったりです。

チーズの種類を変えたり、ピザソースをケチャップに変えても

美味しくいただけます

 

[ 関連タグ] :

 

秋田の豊かな米と美しい水から造られた美酒爛漫は、ネットショップでお求めいただけます。